2006年10月24日

安倍性教育バッシング検証(転載)

【転送・転載歓迎】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STOP!憲法24条改悪キャンペーン学習会

☆〜★「性教育バッシング」を検証する★〜☆
――「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関する
実態調査プロジェクトチーム」座長が今や首相!?――


安倍新政権が発足し、臨時国会が開会しました。
総裁選までと国会答弁との矛盾など、序盤戦は何を繰り出してくるのか、
読みきれない面もありますが、これまでの憲法改正国民投票を含む憲法「改正」
手続法案や共謀罪なども、東アジア情勢いかんでは、一気におしてくる可能性も
あるといわれています。

特に、教育基本法「改正」にむけた動向が注視され、安倍首相肝いりの
教育再生会議にもいわゆる「性教育バッシング」の急先鋒である山谷
えり子氏などが委員として入っている危機感からも、ここ1,2年の間
強まる性教育バッシングを検証し、今後のジェンダー関連政策(男女共同参画
や少子化対策、チャレンジ支援など)にどういった影響を及ぼすか、
分析していこうと考えています。

昨年5月26日に行われた自民党主催の「過激な性教育・ジェンダーフリー教育
を考えるシンポジウム」には、「過激な性教育・ジェンダーフリー教育に関
する実態調査プロジェクトチーム」座長の安倍晋三(当時幹事長代理)同
事務局長の山谷えり子参院議員、高崎経済大学助教授の八木秀次氏らが
パネリストとして発言しています。
それらの発言や資料を基に話し合いたいと思います。奮ってご参加ください。


■11月15日(水曜日) 19:00スタート 
■文京区民センター2B
地下鉄丸の内線 後楽園駅から徒歩3分
都営三田線 春日駅から徒歩0分(A2出口直上)
JR 中央線 水道橋駅より徒歩10分
http://southisland.hp.infoseek.co.jp/maps/bunkyo.html

主催 STOP!憲法24条改悪キャンペーン
    E-mail: savearticle24@yahoo.co.jp 
    FAX:03-3463-9752



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上





posted by 183 at 14:53| フェミニズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする