2007年06月19日

カルトとは違う気功

気功の師匠にビデオを見せてもらいました
師匠の師匠が、左手にレンガくらいの大きさの自然石を持ち
その石に右手の掌(労宮)を向けて、直接石に触れず10センチほど離れたところから
集中してフッと気を送ると、左手の上で石は粉々に砕け散りました(~_~;)

やはり石を左手に持ち、上から右手を手刀のように縦にかざして
石に触れずに気を送ると、石は刀で切ったように真っ二つに
割れました(~_~;)

どちらもビデオカメラで撮影、師匠も現場を見ていました
ノーカットでした

石に気を送る前と、送った後に、気を体に取り入れる動作をして終了です
超能力ではなく、外にある気を体に入れて、出して使って、また補うのです
気は借りるだけです
師匠はそこまではできないらしいです
スーパー師匠の割った石を見せてもらいました
見事に真っ二つ・・・(~_~;)

昔クロウリーという魔術師は、こういう力がほしくて、前を歩く人に念を送って
転ばせようと試みていましたが、できなかったそうです

気功の世界でも不心得者はいますが、心根が悪いと、師匠に技を教えてもらえません
師匠に無断で妙なことをやると、きついお仕置きを食らいます
カルトなどで邪悪なまねを見せる人は偽者で、大したものではありませんから
一緒にしないで下さい
サリン事件以来特にカルトと混同されて信用を失い迷惑しているそうです
悪いことは絶対教えません
連功が大変で悪いことを憶える余裕はありません
また、金持ちの有名人の患者もビのパンピーも差別しません
有名人が無断で遅刻して施術してくれとわがままを言っても、許しません
時間も料金も同じです
師匠が施術する必要のない軽い人は、来ないで自分でやれと言います
何か押し付けて金を取ろうとしません
その辺は信用できると思っています
posted by 183 at 23:03| 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする