2008年07月16日

時効ですが〜不正採用

大分の教員採用試験で不正が行われていたことが判明しましたが、
志望者の中には口利きを断って教員になる夢を断念した女性もいました
http://mainichi.jp/seibu/news/20080715sog00m040005000c.html?inb=yt

これは氷山の一角だと思います
今はもう時効で当の関係者もいなくなり、差し支えないと思い書きますが
私自身も、教員採用試験で口利きを勧められたことありました
受験したのは一度ではなく、受験した地域も違います
公立も私立学校協会も受けて自力で試験には全て合格しました
合格後口利きの声をかけられたのは、そのうちの一つです
試験に合格して名簿に載り、学校からの面接の連絡を待っている間に、
知人経由で、縁故なしで待っても採用の希望はほとんどない、お金(一口30万)を
議員に払えば来年の採用を保証する、という話でした
教員採用試験は、合格して名簿に登載されても、採用されるわけではなく
各学校から呼び出され、そこで改めて面接を受けます
都道府県の名簿に載っても、その有効期間は1年で、その間に学校からの
募集がなければ資格はなくなり、また採用試験を受け直します
そこで教職浪人の苦労をする人が多いのです
私は口利きに反発し、金もないので断りましたが、その後連絡はなく、
その間にいちかばちかで投稿していた漫画が、受賞したという知らせがあり、
そちらに気持ちが動いてしまいました
その作品でデビューできたわけではなく、その一年後くらいにやっと掲載され
結局、その後数年会社員などしながらろくに仕事のない新人時代をすごし
持込を続けて何とか描いて、仕事にしてきました
教員はもう考えなくなりました
私と同じ口利きルートで何人も過去に採用されていると聞いています
さすがに試験に落ちて裏金で採用になった人は一人だけで、他は自力合格してから
採用の段階で優先するという方法だそうです
それでも、その分、いい成績で合格しながら採用されない人が出るわけですから、
問題がないとは言えません
私の知人も、普通に受験して合格しながら採用されず、何度も試験を受け直し
その間臨時で働き、何年かしてようやく正式に採用されました
本当に苦労して教員になっています
口利きで優先採用された人が子供に何を教えるのか、と
思う気持ちは消えません
掲示板を見ると、そんな不正はない、という投稿もありますが、色々ありますよ
しかし、採用枠は限られ、縁故同士で競い合うので、口利きさえあれば採用される
というわけでもないでしょう
もちろん、そんなことと関係なく採用されている人も大勢いるとは思います
しかし縁故有利というのは採用試験中から受験生の間で公然と言われていたことで
面接の厳しさにも差があった、と実際に当事者から聞いています


posted by 183 at 13:19| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする