2008年09月22日

子殺しは減っている

子殺しについて共感する記事を見つけました
昔の母は子育てが下手だった、今よりずっと子殺しが多かった、
大昔から少子化が嘆かれていた!!!
いや、殺人事件が減っている(昔はずっと多かった)ことは知っていましたが
紹介された文献資料が幅広く教えられました
http://psychology.jugem.cc/?eid=49
こちらの記事でも警察庁の統計を見やすいグラフにして下さっています
昔の親は良かった、というのは嘘ぴょん!!!
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm

そうです、子殺しは減っているのです
昔の母は素晴らしく、今時の母は酷い、とバッシングするのは勝手ですが
それは所詮さほど困っていない人の戯れにすぎません
そういう人は実は昔を知っているわけではありません
昔は今ほどマスメディアで子殺し事件が拡散されることがありませんでした
私の少女時代まだTVのない家もありました
もちろんネットなどなかった時代には、今ほど情報がすみやかに拡散しません
今が酷いという印象は、溢れる情報にさらされて強められています
報道を見なければ、直接子殺しをするような母を見ることは滅多にありません
今のお母さんも、この時代なりに工夫して頑張っているなと思うことはあります
友達の育児を見ていておしゃれも息抜きも上手だなと感心することもありました

自殺者が三万人を超える氷河時代、経済的に苦しいはずの親の子殺しが
実は景気上向きだった高度成長期よりずっと少ないのです
すでに少子化している80年代よりも少ないのです
親も支援者もそれなりに頑張ってきたとは言えないでしょうか?
統計だけ見てはだめ、と言うご意見は承知しています
しかし、事件の細密報道をマスメディアで繰り返し見せられると
全体が見えなくなるという問題があります
統計資料はそれを修整する材料になります
細密報道に惑わされマインドコントロールされないように、
何も手助けしないなら口出しもしないように心がけたいと思います

昔の酷いメチャクチャも少しは勉強してみると現代は酷いと言う気がしなくなります
本当に昔は酷かったですよ
公害も貧乏暮らしも男尊女卑も
昔の母は愚痴っぽくいつも怒っていました
父は酒に逃げていました
巨人が負けると荒れる家庭なんて普通でした(バカ親)
どこが聖母厳父温かい家庭なんじゃ!!!
と思います
昔家庭で威張れてぬくぬくしたおじさんは、今が酷いと思うかもしれませんが
昔ろくな目にあわなかった女は、今の方がいいところもあると公正に思います

高齢者記す





posted by 183 at 23:05| フェミニズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする