2013年04月15日

TPPで著作権が交渉に

TPP参加により著作権非親告罪化が求められる可能性が指摘されていますが、予想通り
著作権を含む知的財産権が非関税措置の項目に含まれることが明らかになりました
コミケ消滅の危機が迫っています
しかし日本政府発表の「概要」には知的財産権が書かれておらず、報道にもありません
都合の悪い部分を隠してごまかした記事になっています

内田聖子「嘘とごまかしの政府発表―TPP日米事前協議内容を検証する」
http://uchidashoko.blogspot.jp/2013/04/tpp.html

12日、日米両政府はTPPに関する「事前協議」に関する合意文書をそれぞれ発表しました
各紙で報道されましたので、ご覧になったかと思います
しかし日本政府の発表内容、米国USTRのリリース(英文原文)、各種報道を比較すると
日本政府発表のごまかし、捏造と言える部分があることがわかります
USTRのリリースに書かれている「知的財産権」「政府調達」「急送便」が
日本政府の「日米協議の 合意の概要『概要』」にはありません

知的財産権は、薬価や商標権、著作権など生活に大きくかかわる分野です
それが含まれていることが、日本政府の発表では隠されています
また、各紙の報道にあった「日本の農産物への配慮」は合意文書には一言もありません
それどころか「TPP交渉はすべての物品が対象である」と断言されています
詳しくはぜひ全文をご参照いただきたいと思います
http://uchidashoko.blogspot.jp/2013/04/tpp.html
【関連する記事】
posted by 183 at 23:57| TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする