2013年08月22日

漫画アニメ業界バッシング?

漫画・アニメ業界集中攻撃と思わせるようなバッシングが続いて心配になります。

「風立ちぬ」の喫煙批判は、当時と現在の風俗の違いを無視しています。
それを言うならアニメに限らず買春や飲酒シーンのある作品全て批判したらいかがですか?
多くの名作が風俗壊乱で発禁処分相当になるでしょう。
ところで実際には買春も飲酒もギャンブルも、喫煙も、利用者が絶えることはありません。
カジノさえ政治家が積極的に推進しようとしています。
現実に存在する風俗を描写した漫画やアニメが、人を堕落させるかのごとき批判には、正当
性があるのでしょうか?
大人は、子供の頃に漫画やアニメを見た影響で、風俗へ行き、飲酒し、喫煙するのですか?
影響を主張するなら、その前に因果関係を証明していただきたいと思います。
ついでにお菓子の食べすぎやエアコンの使いすぎも問題にしてはいかがでしょう?

1人の漫画家が起訴されたことで、漫画家が未経験者をハラスメント目的で雇っているような
印象報道をするのも、困ります。
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/174008/
http://togetter.com/li/552220
普通は経験者を歓迎します。忙しく余裕のない修羅場では、慣れない人に給料を払いながら
仕事を教える時間はありません。そこは他の業界と変わりません。
未経験者を雇って仕事を教え、育てて使うのは余裕のある大御所、ベテランの職場です。
むしろそういう機会は少なく、あればありがたいものです。
アシスタントは私も臨時でやったことがありますし、話も聞きますが、不快なことがあれば
口実を作って二度と行きません。きちんと仕事ができるなら、職場は見つかります。
アシスタントどうしで情報交換して給料の高いところ、やりやすいところに移ります。
ハラスメントに耐える必要はありません。

秋田書店の景品水増しの件も、水増しそのものは認めて謝罪しています。
それと、解雇された元従業員が景品を横流ししていたとされる問題は、別です。
裁判になれば事実が明らかにされると思います。裁判を待つのみです。
https://twitter.com/ken_kataoka/status/370370433117200384
水増しと景品の横流しは別問題ですから、混同しないで下さい。

秋田書店については、編集者の方に気を使ってよくしていただき、悪い印象はありません。
退社時間が早く、出版社の中では社員を大切にしている方だと思っていました。
明け方まで仕事、休日出勤の多い会社は他にあり、秋田が特にきついと言えないと思います。
景品水増しをしていた雑誌と別の女性漫画誌で、生活保護問題を漫画で連載しています。
それが話題になった後、元従業員の告発報道がありました。そこに注意してほしいと思います。
会社が悪評をこうむることで、作品も読まれなくなるのが心配です。
http://diamond.jp/articles/-/39981
秋田書店=悪徳出版社、という印象操作で、誰が得をするのでしょうか?

全体にも影響が出ますから、いい加減な思い込みでデマを流すのはやめてほしいと思います。

その上に「はだしのゲン」の閲覧禁止問題が重なっています。
今日も、松江市教育委員会の対応は問題ないとの文部科学相のコメントが報道されました。
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXNASDG2102G_R20C13A8CC1000&uah=DF_SOKUHO_0010
しかし、2007年の第1次安倍内閣時代に、麻生太郎外相の肝いりで、核拡散防止条約再検討
会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の
英語版を会場内で展示、配布することになり、CGも使って悲惨さを訴えました。
当時の私の記事です。
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/5513088.html
安倍氏も麻生氏も原爆経験のある作家の漫画が被爆の悲惨さを訴えるのに有功だと判断した
のでしょう。
被爆当時中沢氏は6歳で、大人目線の表現には後づけの知識もあります。それについては読者が
各自考えて判断すればいいと思います。むしろ見せないことの方が知識の欠落を生み危険です。
TV放送された実写版「はだしのゲン」には、原爆投下のCGが使われています。
ぜひご覧下さい。

最後になりましたが、ブログを始めた頃、他の方と同じように顔文字を使い、センテンスを
短くして句点を省いていました。しかし最近は顔文字はさすがに使わなくなっています。
モバイルで見ると、句点がない文章は読みにくいため、句点を使うことにしました。
HPも同様にしました。
HPからも、ブログの最新記事のタイトル、リンクが自動更新される設定にし、ツイッターも
閲覧できるようにしました。
よろしければご利用下さい。
http://www.shinobumakimura.org/




posted by 183 at 13:12| 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする