2013年08月30日

「舞姫」エリスのモデルの謎

昨日の「日本経済新聞」に掲載された「舞姫」のモデル、エリーゼ・ヴィーゲルトの写真は
40代のものと推測され、できれば若い頃の写真が見たかった・・・と思います。
https://twitter.com/nkgun/status/37286850571849318
「舞姫」ではエリス・ワイゲルトですが、ドイツ人にはエリスという名前はなく、ワイゲルトも
なくはないのですが、珍しい姓です。
仮にエリス・ワイゲルトに似た名前のモデルが実在したとすればエリーゼ・ヴィーゲルトだろう
と研究者は推測していました。
研究の蓄積がありながら発見が遅れたのは、六草いちか氏の著作にあるように、エリーゼが
現在のポーランドで生まれたため、記録がドイツではなくポーランドにあったからです。
そこにあった彼女の名前はエリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルトでした。
エリーゼ・ヴィーゲルト、という研究者の推測が当たっていました。
マリーは、「舞姫」に続いて発表された「うたかたの記」のヒロインの名前(表記はマリイ)
でもあります。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/694_23250.html
1903年に生まれた鴎外の長女茉莉の名前は、エリーゼのミドルネームのマリーです。
6年後に生まれた次女杏奴の名前ですが、これはエリーゼの妹アンナから取った、と六草氏は
推測しています。
しかしなぜアンナではなくアンヌなのか考えると、マリーとアンヌを繋げて「マリアンヌ」に
なるので、妄想が止まらなくなります。
マリアンヌとは、フランス共和国の自由平等博愛、共和制のシンボルである女神の名前です。
最も有名なのはドラクロワの「民衆を導く自由の女神」のマリアンヌです。
http://www.bs-asahi.co.jp/binomeikyu/back_004.html
フランスには至るところにマリアンヌ像があり、コインにも切手にも描かれています。
鴎外もどこかで目にしたことがあるだろうと思います。
http://4travel.jp/traveler/scipion/album/10138679/
鴎外はドイツ留学していますが、フランスのマルセイユからベルリンへ向かいました。
マリアンヌは革命のシンボル、自由・平等・博愛すなわちフランス共和国のシンボルであり、
そして、フリーメーソンのシンボルとしても知られています。
ここで鴎外フリーメーソン説が出てきます。
鴎外の生まれた津和野には、日本初のフリーメーソンである西周がおり、生家は近所でした。
鴎外が上京した時に寄食させて面倒を見たのも西です。
10歳から14歳まで西の家から学校へ通い勉強したので、基本的な知識はあったでしょうし、
西から大きな影響を受けていたことは間違いありません。
http://www.kandagakkai.org/archives/article.php?id=000439&word=%C0%BE%BC%FE
しかし鴎外がフリーメーソンなら死語に公開されているはずですから、それは妄想の域を
出ません。それでも知識はあり影響も受けていたことは確かです。
ですから娘の名前がマリーとアンヌなので、フリーメーソンだという想像はできます。
その含みはあるのではないかと思います。
しかし、マリアンヌがフリジア帽(解放された奴隷がかぶった帽子)をかぶっていることを
考え合わせると、やはり1人の女性に結びつきます。
エリーゼは、帽子会社でデザインの仕事をしていましたから、フリジア帽を知らないことは
ありえません。
鴎外と、マリアンヌのかぶったフリジア帽の話をしたことがあるのではないでしょうか?
そこから「マリアンヌ」を2人の娘に名づけた気持ちが想像できます。
フリーメーソンだから、という説明では足りないと思います。

しかし茉莉が生まれた時は既に美しい妻と再婚していたわけです。
ああ、男って・・・。

ただし、誤解のないようにつけ加えれば、鴎外は「舞姫」とは違い、エリーゼが彼を追って
来日した時は二人で何度も会っていますし、直接話して、納得した上で帰らせています。
彼女が帰国後帽子会社のデザイン部に勤めたことも手紙で知らされ、長年文通を続けています。
鴎外が再婚した3年後に、エリーゼも結婚していますが、その間に日露戦争があり、鴎外は
出征し、死を覚悟して「うた日記」にまとめられた詩歌を作っています。その中にドイツでの
女性の想い出も綴られています。
出征中にエリーゼはベルリンを離れ、結婚しています。鴎外は戦地にあり手紙のやりとりも絶えていたでしょう。
詳しくは六草いちか氏の著作をご覧下さい。
鴎外の恋 舞姫エリスの真実
新発見の写真が掲載された9月3日刊行の新作も待たれます。
関連記事
「舞姫」モデルのその後
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/11312998.html
それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影













http://www.youtube.com/watch?v=pduBcKt19Gs

posted by 183 at 15:27| 読書・映画・写真・占い・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする