2014年06月18日

創作物規制は児童ポルノ禁止法から別の法案へ?

改児童買春・ポルノ禁止法が参院本会議で可決され成立しました。
単純所持禁止は盛り込まれましたが、漫画アニメCG規制につながる附則は削除されています。
与党のみで成立させることのできる状況で、慎重に審議を尽くして下さった国会議員の皆様、
関係者の方々に深く感謝いたします。
http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000e010172000c.html
注意が必要なのは、6月11日付で『子ども・若者育成支援推進法の一部を改正する法律案』が
議員立法で参院提出されており、この第22条が児童ポルノ禁止法では削除された創作物規制に
つながる、社会環境の青少年に及ぼす影響の「調査研究の推進」になっていることです。
「社会環境」は特に漫画アニメと規定されているわけではありません。この法律に基づいた
地方条例を通じて間接的に規制を行うという仕組みになっています。
これから関連情報が出てきますが、見逃せないツイートをHPのTopicsにアップしました。
http://www.shinobumakimura.org/topics/
HPにアクセスできなくなっていますのでツイートのURLをご紹介します。
https://twitter.com/HT_570/status/477294706351554561
https://twitter.com/yamadataro43/status/477388281361879040
https://twitter.com/jfsribbon/status/478439857404911617
posted by 183 at 12:24| 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする