2016年02月18日

年間200ページの低所得者

確定申告をしながら思い出します。
最初の頃の年収の低さを。上がって、また下がっても、まだ最初の原稿料収入よりは上です。

さて、デビュー間もなく、担当編集者に言われました。以下言葉はそのままです。
「見開き2頁に王子様が出てきて、ヒロインが王子様と結ばれる話を年間200ページ描け、
それが嫌なら今すぐやめろ。」

ファンタジー系やホラーなら、要求が違うと思いますが、メジャーの一般向け少女漫画では
そうでした。担当編集者による違いもありますが、最初はラブコメで確実にアンケートを取る
のが常道だと思います。人気が出ると、自分の温めていた得意なネタを出して幅を広げます。
独特の作風で知られるベテランも、最初はラブコメで、初期作品集を見て意外に思うことが
あります。昔から、少女漫画は最初はラブコメです。苦手と言っていられません。

年間200ページは、それだけ描ければ認められるという目標です。32ページの読切りを隔月で
描くと192ページです。40ページの読切り5本で200ページになります。
これは、新人から見れば上出来、充分と言っていい仕事量です。コンスタントに描いている
漫画家と名乗れます。ただし当時の原稿料は5000円(大手でも3500円の雑誌もありました)
ですから、200ページ描いても100万円です。当時そこでは、1年で1000円、2年でまた1000円
上がり、7000円までは誰でも原稿料が上がりました。それ以降はヒットがあれば上がりますが
なければ据え置きです。2年以内に連載を取ってヒットを出さないと生活費を稼げません。
7000円で月刊誌で連載しても、32ページでは2688000円です。ここから必要経費が出ますから
連載作家でも生活は厳しいと思います。コミックスが出ても印税は10%です。単価500円として
初版1万部で印税は50万です。増刷にならなければ原稿料1本分程度のボーナスです。
売れないと次のコミックスは出ません。2巻以降が出ないということもよくあります。
どこまでも試練が続きます。

それでも、そこまで行ければ他に売り込みもやりやすいので、当面の目標はまず連載です。
しかし私の場合は、1年過ぎてやっとアンケート3位、それで次の掲載予定はないと言われ、
数か月後の会議で通れば掲載するということでした。次の会議で通りましたが、到底生活
できませんし、奨学金の返済も抱えていました。3位で次がないと言われた時点で、これは
ダメだと自分なりに判断し、次の手として、そこでのネーム、他への持ち込み、カットの
持ち込み、アルバイト、パソコン・ワープロスクール通い、漫画と両立できる短時間勤務
の職探しを併行してやりました。そして同じ会社で仕事をつなぎながら、9時5時の事務職と
兼業することにしました。
漫画だけを見ると順調に行かなかったわけですが、それでも今思うと努力しました。

これ以前の「漫画けもの道」はHPに一覧にしています。
http://www.shinobumakimura.org/blog/




タグ:漫画
posted by 183 at 12:04| 漫画けもの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする