2016年06月14日

不倫の言いがかり

紙の新刊です。本日発売「女の不幸人生」(ぶんか社)に『癒されない!』が再録されています。
これは20世紀の遺物です。病み上がりのリハビリ中で、絵が固くデッサン狂いがあります。
顔はトーンを貼ってしまっているため修正は難しく諦めましたが、目立つ背景の一部をクリスタ
で描き替え、ネームも一部修正しています。

不倫などしていないのに、第三者の思い込みで不倫相手と誤認され被害を受ける女性を描いて
います。事実誤認による第三者の嫌がらせというのは私も経験があります。特定できないように
嫌がらせを繰り返したため、対応が難しく、泣き寝入りでした。この作品では、親しくなかった
近所の女性が運よく理解者、味方になってくれたことで解決しています。しかし解決することの
方が現実には少ないでしょう。

確かに裏切られて傷ついている人は被害者としての苦しみが深いと思いますが、無関係な他人に
怒りをぶつけやすくなります。ぶつけられた人も満足な人生を送っているわけではなく、場合に
よっては自分より重い苦しみを抱えているかもしれません。他人への想像力を持たなければ交流
はできません。そういうテーマで何度か描いています。通り魔、無差別殺人は最悪の帰結です。
そういう悲劇に至る前に限られたページ数で解決していますが、被害妄想の怖さを読み取って
いただければ幸いです。被害妄想の被害者も、周りに助けを求めることが必要です。
女の不幸人生 vol.32(まんがグリム童話 2016年7月号増刊) [雑誌] -
女の不幸人生 vol.32(まんがグリム童話 2016年7月号増刊) [雑誌] -
posted by 183 at 12:22| 作品解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする