2016年07月28日

幸福を買う女

紙の新刊です。
「ご近所の怖い噂」(ぶんか社)に『幸福の魔術』が再録されました。
何度も再録された作品ですが、ネーム(セリフ)に修正を加え、言葉が強くなったと思います。
扉絵は再録のためモノクロになっていますので、カラーをHPにアップしています。
今回デジタルで若干の加筆をしております。よろしければご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/gallery/

娘の将来を政治家の縁故に頼って有利に決めようとする母親と、独立を願う娘の葛藤、同級生
との友情を、サスペンスタッチで描いた作品です。
子供の進学や就職を頼む支持者に手を焼く話は、政治家や秘書の著書に書かれており、快く
思われていないことがわかります。相手を怒らせずに納得させるのも仕事のうちです。
大物の証言としては飯島勲氏の口利き暴露が自著にあり、報道もされてよく知られています。
以前私が書いた記事はリンク先が消えていますので、週刊誌の記事を紹介しているブログを
探して、見つけました。ご興味をお持ちの方はご参照下さい。
http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2008/07/post_7901.html
http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2008/07/post_e7f6.html
努力すれば報われるというのは、嘘とは言えませんが、公平に扱われず、思わぬ妨害も
あり、本人の責任でない問題のために、自助努力で生活が成り立たないこともあります。
それを努力不足、自己責任と非難するのは視野の狭さ、未熟さのゆえだと思います、
口利き、裏口合格は、親が勝手に手を回し、子供は知らずに実力だと思ってしまうことも
あり、時には後から問題になります。その犠牲になり、職を得損なう人もいるわけです。
少なくとも公務員は不正をやめていただきたいと思います。自分が納めた税金で不正合格者
の給料が支払われ、代りに自分が不採用になるなど、許せることではありません。
私自身も就活の時期に縁故採用を持ちかけられ、払えない対価を要求された経験があります。
漫画家などというリスクの大きい仕事を選んだのは、そういう経験もあって、実力で稼ぎたい
という感情が爆発したためでもありました。他にも、思い返せば色々な裏話がありました。
漫画では民間企業の話にしていますが、いくらかは個人的な感情が入っています。
よろしければお読み下さい。
skoufuku7270.jpg



posted by 183 at 11:34| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする