2016年08月12日

親族の恐怖

紙の新刊です。
本日発売の「女の不幸人生」(ぶんか社)に『シンデレラの姉』が掲載されています。
この作品は再録を重ねていますので、今回再考してラストの2頁を描き直しました。
一部のコマがすっかり別の絵と台詞に変わっています。描き込んだ原稿にそこまで手を加えることは
できませんので、Clip Studio Paintで該当部分だけ描き変えました。印刷でも違和感なく出ており、
ほっとしました。話の流れに大きな変化はありませんが、結末をはっきりつけています。
表紙はモノクロになっていますので、カラーに手を入れてHPにアップしています。
http://www.shinobumakimura.org/gallery/
トップページの左サイドバーにもショップへの画像リンクがあります。
anep.jpg

タイトルから推察できるように、姉の妹への嫉妬、金銭をめぐる親族間の争いを描いています。
同じような話が最近よくありますが、この作品は10年近く前のもので、アイデアは私の独創です。
親族間の盗みに刑罰がないことが、争いを深刻にしていることを強調しています。
初出当時はそれゆえに、身内をすっきりと排除することもできず、悩む胸中を描いて終えています。
これが他人なら追い出すことは難しくありません。もっと簡単にハッピーエンドにできます。
それができない場合どうしたらいいか、悩みながら考えて描いた作品でした。
簡単な設定でハッピーエンドにする方が得ではありますが、それも手の内が見え透いてしまうので、
あえてそうしませんでした。大人の読者には安易な落ちでは通用しません。
今になって、私自身の直接間接の経験も増え、殺さなくても人に心理的な恐怖を与えることができる
と考えるようになりました。それによって、結末を一歩前に進めることができました。
一つの作品に納得いかず、時間をかけて決着をつけることもあります。
よろしければお読み下さい。

posted by 183 at 11:54| 作品解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする