2009年09月08日

教員採用口利きの実態

民主党が政権を取り、教員養成制度の改革が実現されそうです
「教員の資質向上のため、教員免許制度を抜本的に見直す。
教員の養成課程は6年制(修士)とし、養成と研修の充実を図る」とあるように
専門性を高めることが重視されていますhttp://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/txt/manifesto2009.txt

養成制度改革の前に、まず採用試験における縁故や口利きによる
教員の不正採用を一掃することが不可欠です
大分県の不合格者の不正採用については報道で明らかにされましたが、
他の自治体でも同様の問題があるのではないかと推測されます
私自身が、過去教員採用試験合格後、政治家による口利きを
知人経由で持ちかけられた経験があるからです
縁故採用についても、知人から教員一家の子弟は有利だと聞いています
この件で、不正採用問題を取材している「JANJAN」記者氏からインタビューを受け、
他の事例とも合わせて、連載記事中で紹介されることになりました
一回目では、飯島勲氏が自著の中で居直り公表している口利きの実態が
取り上げられています
ぜひ続けて記事をお読み下さい
http://www.news.janjan.jp/living/0909/0907267756/1.php

こういう不正が根絶されないまま、教員養成過程を6年間に延長すれば
志望者の時間的、経済的負担が大きくなり、それによる弊害も出てきます
縁故や口利きなしで、採用試験で不利な扱いを受け、合格しながら不採用になったり、
何年も非常勤とどめられたりする受験者が出てくるような事態は
絶対に避けなければなりません
養成過程の延長で現在普通に行われている民間企業への就職活動との
掛け持ちも難しくなります
大卒で採用してから、本人の希望、現場の要請に従い公費で大学院に行かせる方が
いいのではないかと思います
大学院教育は質がまちまちですし、現場を知って専攻を選ぶ方が研修に役立ちます
6年制を一斉に導入することには賛成できません
経済的に余裕がなく、就職を急ぐ貧困家庭の志望者は教員を断念しなければなりません
また就職浪人のリスクを回避したい受験者、父兄や近親者が、
縁故や口利きを利用することも当然考えられます
そこでまた、家庭の経済状況による有利不利が出てきます
経済的に恵まれた家庭の志望者が裏口から優先的に採用されるようでは
様々な家庭に育つ子どもたちに目配りする資質を持った教員が欠けてきます
この問題を放置せず、試験結果の公開等による、不正採用の根絶を
実現してほしいと思います

posted by 183 at 17:20| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

痴漢と不起立が同じ処分

教員採用試験の不正に関しては自分の体験がらみで記事を書いています
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/7438571.html
不正採用が日教組潰し、という見方もありますが、不正、縁故採用が
全部反日教組系とは思えません
日教組ジュニア縁故採用組もいるかもしれません
個別に追求しないとわからないことです
今はもう過去のことはわかりません
いずれにしても、大分に限らず今後はできる限り透明にすべきです

一部の縁故のない志望者が自分の払った税金で
不利に扱われ、何年も浪人させられ、非常勤になり
挙句の果てはクビ、
というのは許しがたいことです
税金で自分の子だけ採用し<(`^´)>

しかし、その場では、落ちれば自分の力量が足りないと思ってしまうのが
当事者の悲しい心理です
自分の力がずば抜けていれば、不利でも採用されるはず、と思います
私だって最初はそう思っていました
今の受験生も多くはそうだろうと思います
縁故>男子>>>女子
という公然の噂はありましたが、真実を確認するすべはありませんでした
考えてみれば、校長ジュニアは女子でも簡単に一度で採用されていました
なんてうぶだったんでしょう
大学での成績も私の方がずっとよかったのに(~_~;)
優が足りず、裏口就職した森喜朗元首相に分けてあげたいくらい
優が多かったのに無駄になりました
森元首相については保坂展人さんの記事があります
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/4fa1dea354affa568821d2392a763268
学校の成績が全てではない、女子は成績だけはいい、と皮肉も言われますが
縁故もなく貧しい、ついでに言えばブサイクな女子が、
成績以外の何で評価を得られるのでしょう?
今はやはり裏から手回しされたのだろうと思います

今更ですが、HPのプロフィールを更新して、その前後の事情等書き加えました
http://www.h3.dion.ne.jp/~makimura/sub1.html

ところで、都立の痴漢副校長が復職していた、というニュースも気になりますが
大沼安史さんのブログに、関連記事がありました
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2008/07/post_97d2.html
君が代不起立の筋金入り教師と同じ処分とは、あきれて物が言えませんね
生徒は何と受け取るでしょう
「ヨノナカバカナノヨ」
桃井かおりさんの名回文です
posted by 183 at 13:14| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

口利きに頼りたい

教員採用試験の情報提供サイト「NSK教採ネット」(新藤智代表)が、
全国の教員志望者を対象に緊急アンケートしたところ、
約4割が口利きに頼りたいと回答
http://www.excite.co.jp/News/society/20080728/20080729M40.037.html
この記事では「教育委員会や校長の口利き」と書かれていますが
政治家が抜けていますよ
血縁が最強の縁故ですが、特殊な縁故がない場合、口利き料を議員に
払うということになります
縁故、口利き同士の競争になれば、両方使うこともあるでしょう
私の場合は「誰でもやっている、当たり前、常識だ」と言われました
親が手を回して本人が知らない場合もあると思います
一方で、何度も合格しながら採用されずに苦労して採用された人も知っています
全て不正とは思いません
また、採用が決まってからも、特別な縁故採用者は自宅から通える学校や、
指導しやすい学校に優先的に回されて、縁故なしに苦労して採用された人は
離島や、希望の少ない問題のある学校に回される、と聞いています
私の知り合いに限っては、縁故なしで離島に赴任したり
普通しなくていい特殊な苦労のある学校に赴任したりでした
本人も、長年浪人非常勤をやっている間に裏情報を聞いて、採用されても
楽な学校に行けないことを知っていました
それでも熱意があって勤めています
ですから皆が皆不正とは思いません

民間企業ではなおさら、当然あることだろうと思います
公平などあるわけがない、と思っています
しかし、公務員は税金で養われています
採用試験も税金を使い、口利きをする人間も税金で給料を支払われています
しかもその税金は、そこで不利な扱いをされ、採用されない人間からも
取られています
教職浪人でアルバイトをしても、非常勤で働いても税金は取られます
消費税は誰もが支払っています
なぜ自分の税金で、自分が不利に扱われなければならないのか、と考えたら
慣行で済ませてもらっては困ります
フィギュアスケートのように、リザルトの完全公開をして下さい
採点はしているのですから、難しいことではないでしょう
それでもかさ上げはあるでしょうから、疑問がある場合は調査を要求できるように
すべきですね
教育関係者を除外したマルサのようなプロ集団に依頼するのです
解答用紙も面接のビデオも公開を要求できることとします
これで不正はかなり防げます
大分で一科目0点、総合得点もかさ上げで合格した矢野被告長女は
不正を知りませんでした
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000014-mai-soci
これではもうどうしようもないですね

浪人するだけの経済的余裕のない人に教員採用試験は薦められません

関連記事
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/7435885.html

不正があると回答した教育委員会はゼロ(~_~;)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080729-OYT1T00646.htm?from=top
posted by 183 at 12:36| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

教員採用不正告発

教員採用試験の不正について、以前受験体験の記事を書きました
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/7392970.html
東京都で合格してから、採用のための口利き料を要求されたのは事実です
私立も例外ではなく、公立に入れない場合は、口利きで私立に入れてあげると
言われました
採用可能な学校名も二つ上げられました
まともに受けて採用されない人は、教職浪人する余裕がなければ
断念せざるをえません
受験生には、教員採用試験と、一般の就職活動を同時にこなすのも大変で、
教員に未練があって就職を断り、結果不採用で行き場をなくす場合もあります
リスクを背負い熱意を持ってチャレンジする人に公正なチャンスを与えず
経済的にも損失を与えるのが不正採用です
保坂展人さんのブログに、教員からの投書が転載されています
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/3e12c97f7ee5ce4105c16077de6142bc
不正は大分に限らず、ブラックボックス状態で、
面接ではいかようにも手心が加えられるという話です
私が体験した、また聞いた話とも重なります
公正な試験の実施を願っています

posted by 183 at 18:09| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

飯島勲も口利き

既出ですが飯島勲元秘書官も自著で教員採用試験の口利きを暴露していました
http://www.amakiblog.com/archives/2008/07/16/#001012
http://www.technorati.jp/post/JV%2BQ%2F%2FYI5BLufN5EeiP9BH2yVIyi%2FBwDhC5dEZN4P5o%3D
http://blog.goo.ne.jp/yossuy52/e/1cc7f35d3ea24c945452af6e7bd18aae
タレントの万引き暴露はバッシングされてこちらはお咎めなし
そういう国の公務員試験ですから私はやめてよかったのです
最終的に資格のあるうちに葉書を出して辞退しました
あ、私が口利きの誘いを受けたのは埼玉ではありません
難関と言われるところ、想像つきますよね^_^;
http://blogs.dion.ne.jp/183/archives/7392970.html

posted by 183 at 22:19| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時効ですが〜不正採用

大分の教員採用試験で不正が行われていたことが判明しましたが、
志望者の中には口利きを断って教員になる夢を断念した女性もいました
http://mainichi.jp/seibu/news/20080715sog00m040005000c.html?inb=yt

これは氷山の一角だと思います
今はもう時効で当の関係者もいなくなり、差し支えないと思い書きますが
私自身も、教員採用試験で口利きを勧められたことありました
受験したのは一度ではなく、受験した地域も違います
公立も私立学校協会も受けて自力で試験には全て合格しました
合格後口利きの声をかけられたのは、そのうちの一つです
試験に合格して名簿に載り、学校からの面接の連絡を待っている間に、
知人経由で、縁故なしで待っても採用の希望はほとんどない、お金(一口30万)を
議員に払えば来年の採用を保証する、という話でした
教員採用試験は、合格して名簿に登載されても、採用されるわけではなく
各学校から呼び出され、そこで改めて面接を受けます
都道府県の名簿に載っても、その有効期間は1年で、その間に学校からの
募集がなければ資格はなくなり、また採用試験を受け直します
そこで教職浪人の苦労をする人が多いのです
私は口利きに反発し、金もないので断りましたが、その後連絡はなく、
その間にいちかばちかで投稿していた漫画が、受賞したという知らせがあり、
そちらに気持ちが動いてしまいました
その作品でデビューできたわけではなく、その一年後くらいにやっと掲載され
結局、その後数年会社員などしながらろくに仕事のない新人時代をすごし
持込を続けて何とか描いて、仕事にしてきました
教員はもう考えなくなりました
私と同じ口利きルートで何人も過去に採用されていると聞いています
さすがに試験に落ちて裏金で採用になった人は一人だけで、他は自力合格してから
採用の段階で優先するという方法だそうです
それでも、その分、いい成績で合格しながら採用されない人が出るわけですから、
問題がないとは言えません
私の知人も、普通に受験して合格しながら採用されず、何度も試験を受け直し
その間臨時で働き、何年かしてようやく正式に採用されました
本当に苦労して教員になっています
口利きで優先採用された人が子供に何を教えるのか、と
思う気持ちは消えません
掲示板を見ると、そんな不正はない、という投稿もありますが、色々ありますよ
しかし、採用枠は限られ、縁故同士で競い合うので、口利きさえあれば採用される
というわけでもないでしょう
もちろん、そんなことと関係なく採用されている人も大勢いるとは思います
しかし縁故有利というのは採用試験中から受験生の間で公然と言われていたことで
面接の厳しさにも差があった、と実際に当事者から聞いています


posted by 183 at 13:19| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする