2018年02月12日

トレンドマイクロが検証・無料漫画閲覧サイトに不正プログラム

無料で漫画が読める人気サイトを閲覧しただけで、マイニング(仮想通貨採掘)する不正プログラムが
自動的にDLされることをトレンドマイクロが検
証しています。
サイトを開いたとたんにCPU稼働率が100%になり、大きな負荷がかかります。
記事の後半に画像入りのわかりやすい説明があります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180211/k10011324911000.html

以前から指摘されていましたが、不正プログラムの埋め込みはデマだと書いている人もいます
残念ながらデマではありませんでした
他のサイトでもウイルスに感染するリスクがあるということです。
その後も何が起きるかわかりませんので、どんなサイトかちょっと覗いてみるか、と思ってもやめた方が
無難です。
チェックくらいしてみようかと思いましたが、その後が面倒になるのも嫌なのでやめました。

セキュリティソフトを入れるなら強力で定評のあるものがいいと思います。
ネットのセキュリティ関連記事に、セキュリティソフトの広告やDLボタンがたくさん並んでいますが、
それにも偽物、ウイルスがあるので要注意です。
セキュリティに関しては新しい印刷書籍を読んで薦められている対策を取るのが素人にはいいと思います。
ネットの記事や広告そのものが事実だ、安全だという保証がありません。
私の入れているソフトが警告、強制遮断したセキュリティ関連の記事・リンクもありました。
印刷書籍ならウイルスはありませんからその点は安全です。
と書いてからウンベルト・エーコの『薔薇の名前』を思い出しました。
詳しく書くとせっかくのミステリーがネタバレしてしまいますので、やめておきます。
印刷書籍も後から細工できますが基本的には安全です。
そういう利点があった、と改めて思いました。

私も子供の頃は散々漫画を借りて読みました。
今も子供は同じ気持ちだろうと思います。
しかし最近は塾や習い事が増え、アポを取らないと遊べないこともあります。
気軽に上がり込める友達の家が減り、勝手に漫画を見せてもらえる環境も減っていると思います。
立ち読みもしにくくなりました。
その穴を埋めるのが一人で遊べるネットです。
多分ネットで漫画を読む気持ちは友達の家で勝手に漫画を読むのに近いのではないかと思います。
ただ友達の場合は、好意で貸すわけで、借りる側にも最低限の礼儀、気づかいが必要です。
汚されたりなくされたりするリスクもあり、大切な本を貸してくれる友達はありがたいものでした。
そういうやりとりが友達とのつきあい方を教えてくれた面もあり、プラスになってもマイナスにはなら
なかったと思います。
法的にも私的利用に当たり、問題ありませんから、後ろめたさを感じずにすみました。
今のネットの無料閲覧サイトは、便利で気づかいはいりませんが、広告収入等が目的の営利サイトです。
法の抜け穴を探して運営しているサイトも、所詮脱法行為ですから、いずれ法改正等で対応されるでしょう。
サイトそのものや商品、広告に不正プログラムやウイルスが仕込まれている危険もあります。
つい友達のような気持ちを運営に持ってしまうかもしれませんが、危険です。
また逆に、友達などできることもなく気持ちが荒んでしまうかもしれません。
できれば、少し回り道をしても直接借りて読める場を作れるといいと思います。
同じ作品のファン同士の交流サイトで友達を作ると、話もできて無料以上にいいことがあります。
私もネットで音楽やスケートファンの同士を見つけて大切にしています。
色々いただけるものもあります。友達同士なら合法です( ^^) _旦~~
まあ、ファン同士のもめごともありますし、嫌になることもありますが、人間界なので仕方ありません。
漫画を通していいことがありますように。
posted by 183 at 15:34| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

やはりマルウェアが仕込まれていた無料漫画閲覧サイト

今一番話題になっている無料漫画閲覧サイトに、閲覧しただけでCPUを使われるマルウェアが
仕込まれていた
ことが判明しています。
コンテンツをDLせず閲覧するだけではウイルスに感染しないから安全という説明は間違いです。
閲覧しただけで、利用者のCPUを勝手に使い、仮装通貨を採掘させるマルウェアCoinhive
見つかっています。
使われると非常に電池を食うのでおかしいと気づいた人もいます。
運営は収益を上げることができますが、利用者は無料で得したつもりで実は損をしているかも
しれません。
今現在そのマルウェアは使われていないそうですが別の形でマイニングが行われている疑いがありますし、
広告経由でウイルスに感染するリスクもあります。
やはり使わない方が安全です。

参照
https://digitalnews365.com/mangamura-danger

運営を信頼せよという方が無理です。
また作家の中には、閲覧ページに広告が表示されるサイトで配信していない人もいます
広告収入が分配された方が得ですが、あえて広告に頼らない考え、信念があるわけです。
そういう人のコンテンツも、無断で使って広告収入を得るというのは、筋が通りません。
人はお金だけで動くわけではありません。
お金の問題だけに矮小化してほしくないと思います。

「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャンは、教会で銀の食器を盗みますが、司教に「盗んだのではなく
あげたものだ」と許されます。
さらに「これを使って正しい人になりなさい」と銀の燭台を与えられます。
心を動かされ、罪を悔い改め、その後はひたすら人を助けるために生きていきます。
違法でコンテンツを利用しても、ジャン・バルジャンのようにその後それを生かすなら許されるという
考えもあります。

しかし、無料漫画閲覧サイトの運営はそんな信仰の持ち主ではありません。
別の犯罪に手を染めている可能性もあります。
暴力団や闇サイトの運営は海賊版コンテンツだけではなく児童ポルノも薬物も扱っています。

サイトを利用することで犯罪を幇助することになります。
またいくら銀の燭台でも、病原体がついたものをくれたら感染による犠牲者が出ます。
たとえ広告収入を作家に分配してくれるとしても、広告を断る作家もいるのです。
事をお金の問題に矮小化するのは間違っています。
posted by 183 at 13:51| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

無料で名作漫画が山ほど読める合法サイトをお薦めします

漫画は絶版が早く、1年、2年前の作品もすぐ絶版になります。
地上波でTVドラマ化されても、直後に少し本が売れるだけですぐ絶版になり、あまり利益はないと
同業の先輩に伺ったことがあります。
放映1回あたりに支払われる金額はバイトの月給程度だそうです。
噂ではなく直接伺ったお話です。
一度ドラマ・アニメ化されれば一生寝て暮らせる、と思われるかもしれませんが、実際はボーナス程度
と考えていただければ平均がつかめると思います。
読者としてつらいのは、後でまとめて単行本で読もうと思い、探した時にはもう絶版、という事態です。
中古も品薄で、それにつけ込んで高値をつけて売る人もいて、もやっとします。

そういう悩みを解決してくれるのがマンガ図書館Zという電子書籍サイトです。
漫画家の赤松健先生が開始した無料配信サイトJコミが前身です。
https://www.mangaz.com/

噂に聞く過去の名作から最近のヒット作まで漫画家自身の了解を得て無料公開しています。
1巻のみで単行本が打ち切りになった作品、単行本未収録作品もあります。
広告が入りますが、広告収入が漫画家に分配されます。
有料サービスも充実しています。
私も何度か利用していますが、何のトラブルもない安全なサイトです。

Amazon、ebookjapan、楽天Kobo、honto、BOOKWALKER、コミックシーモアなどのネットショップでも無料商品、期間限定無料商品を配信しています。
ユーザー登録をしてメールを取れば無料配信のお知らせが来ます。
全巻無料サービスもたまにあります。

私が配信しているDLmarket、Pubooは商業もインディーズも扱っていますが、勿論無料商品はたくさんあります。

犯罪の資金源になっている、マルウェア(ウイルス等の悪質なソフト)に感染するかもしれない違法サイトは使わず、安全なサービスをご利用下さい。

人を傷つけずに楽しむことはいくらでもできます。
posted by 183 at 15:34| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

猫でもできる海賊サイト

本物そっくりのフィッシングメール、本物そっくりの海賊サイトに誘導する詐欺が増えています。
見るからにスパム、とわかるものから、本物か詐欺か一見して分からない精巧なデザイン、文面に
進化しています。
私はメールアドレスを変更し、その結果迷惑メールは今のところ止まっています。
セキュリティの勉強もしました。その過程で犯罪の手口にも少し詳しくなりました。
よくできた海賊メール、海賊サイトは非常に簡単に作ることができます。

ブラウザによって多少の違いはありますが、Chromeなら、右クリックして「ページのソースを表示」を
クリックします。
するとそのページのHTMLが表示されます。それをコピペすれば偽サイトの出来上がりです。
リンクも生きています。販売サイトへのリンクもそのままコピペできます。
多少手を加えれば詐欺や海賊版のDLサイトが作れてしまいます。

写真、ブログ、イラストのパクリ、無断転載には腹を立てる人が多く、擁護する人は見たことがありません。
転載を望む場合は「拡散希望」、「転送転載歓迎」と書きます。
そうでない場合は著作者の意思を踏みにじる行為です。
漫画の海賊サイトも同じことです。
出版社の売り方や漫画家の育て方、漫画について、批判は自由ですし参考になる意見もあります。
しかし売れない原因は出版社や漫画家にあり、海賊サイトのせいではないと、海賊版に免罪符を与えるのは余計です。
海賊版はコピペです。なぜコピペを弁護するのでしょうか?
無料だから利用者が得をする、金を取る方が悪いという、あらぬ方向に論議がずれていきます。
無料で作品を(一部)公開する人は大勢いますし、著作権を放棄する人もいます。
それは信念に基づき、自分の意思でやっていることです。異論はありません。
しかし他人の著作物をそっくりコピペしてどこでどう扱うか他人が決めるのは明白な違法行為です。
漫画を描かない人でも、文章や写真を無断で転載され利用され犯罪の資金源にされたら放置できないと
思います。

そういうことをやり慣れた人物は他にも犯罪を重ねている玄人だと推測されます。
違うなら名乗ればいいでしょう。

アサンジもスノーデンも信念があるから表に出て発言しています。
たまたま検挙された闇サイトには薬物、児童ポルノと並んで海賊版コンテンツがありました。
そんなものを売る業者を援護してどうするつもりなのかと思います。
違法DLとは犯罪の片棒を担ぐ犯罪でしかありません。
そんなものに甘い態度を取るのは子供に泥棒させる親と同じです。
勿論、そういうサイトには巧妙にマルウェアが仕込まれている危険性もあります。
気づかないうちに端末を乗っ取られ遠隔操作で不正送金や悪質な投稿、サイバー攻撃に使われるかも
しれません。
posted by 183 at 14:11| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

国策で変わる嫁と姑ホームドラマ

ホームドラマと言うと、自分の家をそのまま面白おかしく描いたんだろう、と思われるかもしれません。
自伝的要素の強い作品も確かに昔からありますし、それで人気を得ている方々もいらっしゃいます。
しかし非リアも注文があればホームドラマを描きます。
特にレディコミは、独身女性も男性も外国の方も、創意工夫してリア充の既婚読者の方々に読んでいただける
ように脳内で様々な家庭を捏造します。
本日発売の「ご近所の怖い噂」に再録していただいた『たった一人の戦い』もそうです。
離婚後勤めて子供を育て上げた姑と、体力がないため専業主婦を選んだ嫁の価値観の相違から来る対立を
描いていますが、体験漫画ではありません。

ヒントになったのは、持病があって体力のない知人のふと漏らした一言です。
初めて輸血を受けた後、信じられないほど気力体力が回復し「健康な人はこんなに元気なんだ、これなら
私何でもできる」と実感したそうです。
人間は同じ血が流れている、というのは、差別を批判する時に使われる言い回しです。
しかし実際は同じ血が流れてはおらず、違いがあり、体力、思考力、行動力の差となり、誰でも同じ時間内
に同じ作業ができるわけではありません。
できることとできないこともあります。
それを無視して、勤めながら子供を育てるべきだ、いや女性は勤めるべきではない、と言っても空論です。
昭和生まれの私が育ってきた間に、主婦は家庭生活に専念して夫を支えるべきだ、という専業主婦モデル
から
、男女別なく仕事も家庭生活も両立すべきだ、という共働きモデル国策が変わりました
それに沿った制度改革も進められています。
流れに乗ることが自分にとって望ましいと思う人もいれば、自分は自分の生き方を変えない、という人も
いて当然だと思います。
その中で生きている女性たちの選択を人格の問題に帰するわけにはいきません。
人間は同じ血が流れているわけではない、同じ体を持っているわけではない、同じ条件で生きているわけ
ではないからです。
自分の意思で選択し、互いを責めることなく認め合えればればいいと思います。共通する部分もあります。
そういう私の考えを反映した架空の嫁と姑のホームドラマです。
変わった話で、受けやすいパターンはないのですが、変化している今だから再録していただけました。
個人的な事情を言えば、当時は病み上がりで腕が動いておらず、絵が固くデッサンも狂いがあります。
初出の時の受けはぼちぼちでした。絵がよければもう少し読んでいただけたと思います。
よろしければご笑覧下さい。
ご近所の怖い噂 137 (ほんとうに怖い童話 2018年03月号増刊) [雑誌] -
posted by 183 at 13:25| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

普通の人が匿名で犯罪者になる

やっとメールアドレスの変更が終わりました。
紛らわしい迷惑メールが多かったアドレスを変え、旧アドレスに来たメールはスパムとして捨てます。
ついでに不要なメルマガも受信設定を解除しました。
変更するためにログインしようとすると、控えていたパスワードが間違っていたりで思わぬ手間が
かかりました。
メールアドレスを変えるかどうか迷うところは保留です。

最近ネット犯罪、嫌がらせの記事が多くなっているのは漫画でネタにしているからです。
『ブログ仕置人』の次もネット犯罪ものです。
最初に話を考えた時と、掲載された時と、配信される時とでは、法律も技術も変っており、内容を
書き換えないといけなくなります。
実際書き換えています。そのために自分も常に情報をチェックしています。

犯罪の参考文献ばかり読んでいると、あまりにも簡単に何でもできてしまうことに恐怖を感じます。
IPアドレスを隠すのも簡単です。あえて書きませんが漫画でも主人公がそういう技術を使います。
プロバイダにも発信元を隠せますから、ミスをしない限り訴えられようがありません。
ネットはそうした技術を使った闇の方がずっと大きく、使う人もまた多いのです。
本来の目的と違う犯罪への悪用が多いのが現実です。
嫌がらせと犯罪の手口にだんだん詳しくなっています。
だからと言ってやりたいとは思いません。
ただ投稿するだけでも、誰かが傷つかないか気になることはあります。
腹が立っても進んで嫌がらせや匿名の中傷をすることはありません。
自分はやらないのにやられる、それに対する怒りはたまっています。
仕返ししたくても相手がわからないのでできません。
機会があればネタにしたいと思います。
まず次のネット犯罪ものの配信用イラストを制作します。
一部はできていますが、もうしばらくお待ち下さい。
posted by 183 at 19:34| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

「カナリア」PDFの扉絵を描き下ろし新装版発売

canary2018s.jpg
昨日Gmailで失敗してできなかった作業がようやくできました。
「カナリア」PDFを新しい扉絵に差し替えました。背景の一部も修正しています。
電子書籍化する時線が潰れたりトーンにモアレが出たりしたページを可能な範囲で改善しています。
内容に変更はありません。
旧版をお買い上げの方も再DLできますし、DL権を使いきった方も試し読みページから扉絵をDLできますので
ご利用下さい。
こちらから「カナリア」扉絵下のリンクをクリックしてショップへお入り下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。
https://www.shinobumakimura.org/e-book/
posted by 183 at 16:11| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

またアダルト商品に戻された謎

先日掲載誌がアダルト商品指定を解除され、喜んでご報告しました。
http://otaku108.seesaa.net/article/456053146.html
しかし同じ雑誌の同じ号がまたアダルト商品に戻されていました。
私の作品が収録されている号は指定されていませんが、まとめ買い商品は指定されています。
先日は表紙画像が表示され、アダルト商品という警告も出ず、アダルト商品という赤字の注意書きも
なかったので、解除されたものと思っていました。
しかし現在は表紙画像が表示されず、アダルト商品という警告が出て、18歳以上でないと閲覧できなく
なっています。
なぜ先日は警告が出なかったのかわかりません。
ラブコメ、色恋沙汰の苦手な私は成人向けの仕事をしたことがありません。
色気のない心理サスペンスを載せてくれるのは、成人向けでないストーリー漫画誌です。
この雑誌も成人向けではありません。
サスペンスですから暴力や犯罪の描写はあります。
そちらの表現も規制がかかっていますので、それでアダルト商品に指定される可能性はあります。
それにしても少年誌、青年誌と比べて特に絵が過激だということはないと思います。
幸い他のショップでは成人向けに指定されていませんので、どなたでも閲覧できます。
高校生以下の方は別のショップでお買い求め下さい。
posted by 183 at 23:28| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

全巻アダルト商品指定解除

掲載していただいている「波瀾万丈の女たち」の一部がアダルト商品に指定されていましたが、
全て解除されました。
高校生でも買えるようになりましたので、よろしくお願いいたします(^o^)丿
以前別の掲載誌がアダルト商品に指定されていることに納得がいかず、ブログでも記事を書きましたが、
解除していただきました。
アダルト商品指定になった理由は、商品を登録する際の単純なミスということでした。
そういうこともあるわけです。
アダルト商品指定に納得がいかない場合は、問い合わせれば対応していただけるということです。
今回の指定解除は私個人ではなく、雑誌の編集部に報告し出版社を通して対応していただいた結果です。
私が掲載していただいている最新号はもともと指定されていませんでしたが、次も大丈夫だと思います。
ありがとうございます。
波瀾万丈の女たち Vol.16 心を病みすぎた女たち [雑誌] -
波瀾万丈の女たち Vol.16 心を病みすぎた女たち [雑誌] -
posted by 183 at 23:41| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

金使いの荒い女

本日発売の「家庭ミステリー」(ぶんか社)に『無駄遣い女』を再録していただきました。
家庭ミステリー 2018年 02月号 [雑誌] -

今回の再録に当たってネームの一部を修正しています。
時代に合わなくなった部分は変えていますし、実在の企業や団体名は出さないように変更しました。
私もブログを長年使っていますが、漫画でもブログを題材にしたシリーズを続けたことがあります。
当時はまだネットの普及率が今より低く、読者に説明しないとわかりにくい部分がありました。
今の方がブログユーザーが増えていますのでわかりやすくなったと思います。

この作品の登場人物の一人もブログをやっており、買った商品のレビューを投稿しています。
広告収入が目的に見えますが、そのために生活を犠牲にするほど夢中になり、生き甲斐になっています。
勿論、買い物を楽しむことも、ブログに投稿することも否定しているわけではありません。
広告収入で生活できる人もいます。それはそれでいいと思います。
ただ、漫画の主人公のように買い物以外に趣味があれば、お金を使わなくても楽しめます。
お金に余裕がない時はお金のかからない趣味がある方が生活は楽です。
しかし何を趣味とするかは人それぞれ、自由だと思います。
posted by 183 at 15:12| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

大切な目の使い方

絵を描くのに欠かせない目と、食べるのに必要な歯は酷使しながら注意を怠りがちです。
pixivで交流していた大切な画友が2人続けてドクターストップをかけられ、投稿を止めてしまわれ、
淋しくなりました。
眼精疲労が原因とのことで、他人事ではなく、わが身を省みました。
私も液タブに変えて直接まぶしい液晶に描くようになり目の負担が増しているはずです。
疲れを軽減するため色温度を調整し、ブルーライトカットレンズも使っています。
熱中して休憩を忘れないように心がけないといけません。

一番簡単な眼精疲労対策は、まず不必要なネット利用をやめることです。
絵や面白い文章は自分の意思で見ています。やめる気はありません。
コメントも面白いもの、役に立つものがあります。
見るのが無駄なのは、わざわざ他人に不快な思いをさせるための嫌がらせです。
目が命なのに、そんなもののために使いたくありません。
見たいものは他にたくさんあります。

私もブログ開始当時は、コメントの交流を楽しみにしていました。
自分の記事にコメントをもらえないと淋しく、もらえれば喜んでいました。
今コメント欄を使っていないのは、過去コメント欄に「〜を殺して下さい」と書き込む殺人依頼スパムが
続き、警察に通報するに至ったからです。
配信中の漫画『ブログ仕置人』(「波瀾万丈の女たち」Vol.16掲載)はそれをヒントに考えた話です。
ブログ仕置人a5150ロゴ50.jpg
それ以前にも通りすがりのたちの悪い嫌がらせが時々ありました。
もう、そういうものに関わる時間も体力もありません。
pixivやTwitterはブロックできますが、ブログはユーザーでなくてもコメントできてしまいます。
承認しなくても、見るだけでも嫌なものは受け入れないことに決めました。

時間も命も有限です。目は見たいものを見るために大切に使います。

posted by 183 at 23:51| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

少女漫画全廃の噂に怯えました

投稿作の画像です。
http://makimura.hatenablog.jp/entry/2017/12/29/125620
それまで劇画タッチの絵を描いていたのを、担当の指示で人気漫画家に似せて変え、佳作になり掲載
されました。
読者からは人気作家に似ていると批判され、また絵を変える苦労をしました。
デビュー当時はバブルで新人賞受賞記念パーティも華やかに開かれ、接待も新年会も豪華でした。
しかし新人の原稿料は規定通りバブル期も1円も上がらず、新人は年数回の編集会議で選ばれないと
掲載されません。
バブルの恩恵は仕事には及ばず低所得の新人のうちにバブルがはじけました。
出版社はわかっていたはずです。
当時編集部では、持ち込み、新人に就職を薦め、実際学生投稿者は就職していました。
バブル崩壊後その雑誌は休刊になりました。
それどころか、少女漫画を扱う編集局を丸ごと潰すという話を聞かされて怯えていました。
そんなことはデビュー前には教えてもらえません。まして投稿者は知りません。
今もそうだと思います。変化はいつでも起こります。
女性の場合は、婚約、結婚してからデビューした人が最強で、リア充力で憧れ共感を独占していました。
非リアでも、勉強してラブコメを描くことはできますが、人気はリア充の匂いに集中します。
いわばゴキブリホイホイと、ただの紙箱くらいに差がつきます。
非リアの場合は別のジャンルに同志を求める道もあります。
リア充もバブル崩壊後、旦那が失業した話をよく聞くようになりました。
商業デビューしても結婚(昭和の昔は永久就職)しても、もはや寄りかかれる大樹はありません。
商業でもネットでも財テクでも何でもできることをやっていくしか生きる道ないと思います。
posted by 183 at 13:01| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

作品紹介を追加しました

本日配信を開始した『ブログ仕置人』の作品紹介をHPのWorksに追加しました。
現在ご購入いただける商品をリストアップして解説しています。
ご興味をお持ちの方はどうぞご利用下さい。
https://www.shinobumakimura.org/works/

HPにリンクを入れて紹介している配信サイトは一部です。
どこで配信するかは契約書にも書かれていません。
PC用とスマートフォン用とあり、非常に数が多く、増えることも変わることもあります。
私自身も全部は知りませんし、確認できていません。
最初編集部に問い合わせましたが、代表的なサイトだけを口頭で教えていただきました。
編集部が直接配信を行っているわけではなく、多数の商品について動きを把握しきれないのが実情です。
HPでご紹介しているのは検索でかかった大手が中心で、一部にすぎません。
またそこで商品検索をしても、ヒットしないこともあります。
とりあえずAmazonにリンクを入れることが多いのは、配信の予告が早く検索もしやすいからです。
しかしAmazonには独自のアダルト商品指定の基準があり、成人向けの漫画でなくても指定されることが
あります。
私が掲載していただいている雑誌は、成人向けの内容ではありませんが、いくつか指定されています。
調べたところ、性描写だけでなく、暴力や自殺の表現も問題になるようです。
サスペンスはどうしても人の生き死にを扱うことが多く、成人向け雑誌ではなくてもアダルト商品になる
ことがあります。
成人向けを期待して買うとガッカリされるかと思います。
サスペンスですので、誤解のないようにお願いいたします。
高校生以下の方は、他の配信サイトなら購入できますのでよろしくお願いいたします。
https://www.shinobumakimura.org/e-book/
波瀾万丈の女たち心を病みすぎた女たち Vol.16【電子書籍】[ 黒木里加 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
波瀾万丈の女たち心を病みすぎた女たち Vol.16【電子書籍】[ 黒木里加 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
posted by 183 at 13:21| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

ブログサスペンス明日配信開始

明日『ブログ仕置人』の配信が開始されます。
WEBマガジン「波瀾万丈の女たち」Vol.16に収録されますので、どうぞよろしくお願いいたします。
左がタイトルロゴなしのオリジナルイラスト、右はロゴ入りです。
http://makimura.hatenablog.jp/entry/2017/12/27/095220
配信用のデータを無許可で使用することは作者もできませんので、描き下ろしたイラストを使って宣伝
しています。
これはあくまで目を引くためのイメージイラストであり、本文の絵とは少し違いますのでご了承下さい。

タイトルから想像されるように、ブログのコメント欄を利用した悪質な嫌がらせを題材にしたサスペンス
です。
匿名でメールアドレスを記入せず、特定の人物の住所氏名を書き込んで「殺害して下さい」と依頼する
「殺人依頼」スパムがあり、私も被害を受けました。
実際ネットで殺人依頼を受けて実行に及んだ事件もありますから、私は念のため警察に通報しておきました。
主人公は相手を軽く見てうっかり返信し、金銭目当てに事件に巻き込まれてしまいます。
得体の知れない相手とは簡単に単独でコンタクトを取らない方が安全です。
サスペンスはバッドエンドもありの娯楽です。
暗い結末であっても、私ならこんなバカなことはしない、という反面教師として余裕を持って楽しんで
いただければいいと思います。

私自身は小学生時代から少女漫画誌に載っていた恐怖漫画が好きでした。
昔の少女漫画はラブコメもスポ根もホラー、病気や貧困家庭を描いた社会派も、一冊に編集されていて
バラエティがありました。
その結果として何でも読むようになりました。
今はマイナージャンルになっているサスペンスやホラーも配信を通してもっと読んでいただければ
嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
波瀾万丈の女たち Vol.16 心を病みすぎた女たち [雑誌] -
波瀾万丈の女たち Vol.16 心を病みすぎた女たち [雑誌] -
 
posted by 183 at 09:55| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

占う女の心理

本日発売の「恐怖の快楽」(ぶんか社)に『占う女』を再録していただきました。
趣味で占いをやる会社員の本音を描いています。
占い漫画を昔よく描きましたが、これは占い嫌いを公言する編集長の作るレディコミに描いた短編です。
占い漫画といっても、占いの扱い方は色々です。やり方次第でどうにでもなります。
サスペンスの材料として使う分には自由です。
この作品は占う女性の人間像に焦点を当ててその心理を描きました。
占いで問題が解決する結末ではなく、また別の見どころがあります。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://ur0.link/HGx1

posted by 183 at 12:36| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

配信予告アップ

12月28日に『ブログ仕置人』の配信が開始されます。
WEBマガジン「波瀾万丈の女たち」Vol.16に収録されますので、どうぞよろしくお願いいたします。
恒例のイメージイラストもHP他にアップしました。
トップページのサイドバーにありますのでクリックして販売ページをご確認下さい。
すでに予告が出ている大手にリンクを入れましたが他でもお買い求めいただけます。
イラストはこちらでご覧いただけます。
http://makimura.hatenablog.jp/entry/2017/12/18/160505
この漫画はブログのコメント欄を利用した悪質な嫌がらせを題材にしています。
匿名でメールアドレスを記入せず、特定の人物の住所氏名を書き込んで「殺害して下さい」と依頼する
「殺人依頼」スパムです。
実際ネットで殺人依頼を受けて実行に及んだ事件もありますから、見過ごせません。
主人公は金銭目当てに事件に巻き込まれてしまいます。
実は私も書き込まれて削除しましたが、何度も同じようなコメントをつけられて手に負えませんでした。
他にも被害者がいましたが、誰でもというわけではなく、自分がつけ狙われるのが不気味でした。
また指名された人物が実在して万一のことがあっては困りますので、念のため警察に通報しました。
スパム対策に追われてブログのコメント欄も閉じましたが、それで終りにはなりませんでした。
利用していたブログは、コメントを受け付けない設定にしても、過去の記事についたコメントは表示され、
新しいコメントを投稿できるのです。
その後もずっと過去の記事へのコメントスパムが続き、その削除に追われて時間を失い神経も疲れました。
現在もブログでコメントを受け付けないのは、そうした事情によります。
Twitterやpixivは全体公開にして交流しています。
ブログと違い会員登録が必要で、ブロックもできる利点があります。
HPのメールフォームではお仕事のご依頼も受け付けています。
氏名、件名、メールアドレスを明記の上でお願いいたします。
https://www.shinobumakimura.org/contact/
posted by 183 at 16:10| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

作品紹介を追加更新

HPのWorksに配信、販売中の作品の内容紹介と画像をまとめて追加更新しましたのでご利用下さい。
どこでどんな作品が買えるのか一目でわかるようになりました。
販売サイトへのリンクも入れました。
https://www.shinobumakimura.org/works/
牧村しのぶONLINE SHOPにも作品の内容紹介を追加しました。イラストをクリックすると詳細が
拡大表示されます。
https://paidia0.wixsite.com/mysite

自分が本を買う時は紹介文を読んで興味のある作品を選びます。何もないとどれから手をつけて
いいかわかりません。必要なことは分かっていましたが、なかなか手をつけられずご迷惑をおかけ
しました。
旧作の個人配信は全作カラー扉絵が描き下ろしになっています。無料配信もあります。
読んでみたい作品がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。
posted by 183 at 15:21| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

弱さの怖さ

紙の新刊です。本日発売の「家庭ミステリー」(ぶんか社)に『弱き者を再録していただきました。
兄嫁の死にまつわる疑惑を暴く辛口サスペンスです。
タイトルの「弱き者」はシェイクスピアの『ハムレット』から取ったものです。ハムレットの母が
夫の死後すぐにその弟と結婚してしまったことを嘆く台詞にあるfrailtyを弱き者と翻訳したのは
坪内逍遥です。勿論意味は伝わります。ただ「弱き」だけを切り離すと、女性は社会的弱者である
という意味に誤解されかねません。しかしそういう意味ではなく、意思が弱いという意味です。
逍遥も後に「脆き者」に改訳しましたが、最初の訳が定着しています。
http://www.wa.commufa.jp/~anknak/itadori025-gokaigoyaku.htm
私の意図も、社会的弱者という意味ではなく、内面の弱さを指しています。
弱さが時として他人への攻撃、暴力を引き起こすことを客観的に描くように心がけました。
暴力の理由というのは、ずっと追い続けたテーマの一つです。
ラブコメからサスペンスに移ったのはただ雑誌が潰れたからという事情によるわけではなく、必然的な
変化で、不可避だったと思います。女性向け漫画といっても全てが恋愛ものではなく風刺もサスペンスも
あります。出版が好調の頃は10万分以上完売していました。今は配信の方が伸びてきています。
レディコミはラブコメ・官能だけという思い込みを持たずにお読み下さると嬉しいです。





posted by 183 at 14:30| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

アダルト商品指定を解除していただけました

アダルト商品指定が不当だと書いていた「ご近所の怖い噂」1月号の指定を解除していただけました。
http://urx2.nu/HhLX
「恐怖の快楽」11月号もアダルト商品指定を解除していただきました。重ねて感謝いたします。
http://urx2.nu/HhMK
私の投稿か、他の方の申し入れかはわかりませんが、お読みいただき、ご理解をいただけて感謝いたします。
こちらも感情的になり思い込みで強い言葉を使ったかもしれません。非礼をお詫びいたします。
投稿を読んで励まして下さった方には感謝いたします。もしかしたら、よけいなことを書かない方がいいのに
馬鹿だ、と思った方もいらっしゃるかもしれません。しかし黙っていれば聞き入れてもらえることもなく、
誤解と不利益を被ったままだということを知っていただければ幸いです。
私も今回は正直気持ちが萎えて直接問い合わせはまだしていませんでした。
もう少し様子を見てから問い合わせたかもしれませんが、気後れしたことについても反省しています。 





posted by 183 at 14:08| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

アダルト指定の理由が不明

見本誌到着しました。全作中ベッドシーンは5コマ。2コマは顔と肩の一部だけ。残り3コマは見えるのは
上半身だけで腕で半分隠れています。話の展開上必要というだけで官能が見せ場ではありません。
他の漫画はそもそもベッドシーンがありません。ペットや介護現場の漫画も載っています。
私の作品は再録ですが、オフィスものです。殺人も自殺も事故もありません。
第二特集が「死者の告白」で、通常より殺人、自殺、事故の話が多めですが、サスペンスなら当然です。
これがダメならサスペンス、ミステリーは全部ダメ、ホラーも体験漫画もダメです。私の手元にもこれ
以上に殺人や自殺、事故の漫画がたくさん載っている雑誌はありますが、どれもアダルト指定にされて
いません。この雑誌だけ問題にされる理由がわかりません。もともと40代の主婦が読者層の中心です。
取り立ててアダルト商品にする理由があるとは思えません。
時々こういう何のためかわからない指定がされています。担当者が嫌いな漫画だから指定したとしたら、
とんでもないことです。少年漫画で映画にもなったヒット作の方がよほど暴力や死体が出てきます。
それはどれもアダルト商品にされていません。女性漫画に対する差別と偏見ではないでしょうか。
官能と思って買うとガッカリしますので、ご注意下さい。
辛口のサスペンスです。
表紙.jpg
posted by 183 at 15:57| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする