2015年10月13日

思い出の店・書泉ブックマート 

漫画家デビューする前、学生時代からほしい本が見つかる神田神保町に足しげく通っていました。
1967年開店ですから、初期の店舗は知りませんが、ことのほか愛着のある書店でした。
昨日資料写真を整理していて、新人時代(平成になってから)に撮影した写真が出てきました。
既に閉店して、心の中にしか存在しない店舗の姿を、写真加工、ブラシによる加筆でイラスト化
して記念とします。
HPで150dpiでご覧いただけます。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
pixivにも150dpiでアップしています。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=53017785
noteは登録不要ですので念のため72diにしています。DLはご自由にどうぞ。
転載なさる場合は、参照元明記でお願いいたします。
http://irorio.jp/nagasawamaki/20150901/257446/

posted by 183 at 14:26| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

note、HP更新

HPのGalleryの画像を全部明るく修正したものと入れ替えました。
Digital galleryの「In The Garden of Souls」も若干修正して再アップしました。
羽生選手の「パリの散歩道にあの人」のフィルタなしの鮮明なイラストも追加しました。
サムネイルの最後にあります。
クリックして拡大してご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/

先日公開した李子君選手「月下美人」も合わせ、350dpiの印刷可能サイズをnoteで販売しています。
https://note.mu/pinsuke/m/me283eda95ec6

HPが3年足らずで3度落ちて危機感を抱き、旧HPを簡易版のミラーサイトとして作り直しました。
http://www.h3.dion.ne.jp/~makimura/toppage2.index.html
イラストを置くGalleryは、pixivより閲覧の多いnoteを使うことにしました。
有料のみの「イラスト販売」と、無料の「イラスト・漫画・動画」に分けています。
無料版はDL可能です。参照元明記で転載も許可します。どうぞご利用下さい。
https://note.mu/pinsuke
posted by 183 at 16:05| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

アナログ扉絵集

noteにアナログ時代の扉絵の一部をまとめて公開しました。
印刷からスキャンしたため黒ずんでいるのを明るめに調整するなど、多少編集しています。
150dpiでDLもできます。よろしければご利用下さい。
https://note.mu/pinsuke/n/na1c629293b6b
HPのGalleryの扉絵画像も同様にほぼ調整済みです。
一部元画像が行方不明で編集できませんでした。見つかり次第更新します。
http://www.shinobumakimura.org/gallery/

追記
結局見つからず、スキャンし直しました。全て編集済みです。
posted by 183 at 15:47| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

リプニツカヤ選手の名作に挑戦

ソチオリンピックで個人優勝は逃したものの、団体で金メダル獲得に貢献した大人気の
リプニツカヤ選手の「シンドラーズリスト」をイメージしたオリジナルイラストに挑戦
してみました。
特定の写真ではなくビデオを主に参照して描きましたが、衣装は写真も参照しています。
リプニツカヤ選手はユダヤ系ではないそうですが、繰り返し映画を見てプログラム・音楽を
選び、モノクロ映画の中で一ヶ所だけ着色されていた赤い服の少女を演じました。
印象深いシーンで、同じ戦争映画の「禁じられた遊び」のラストシーンを思い出しました。
特殊な悲劇ではありますが、誰でも理解できる子供の感情を通して理解を助けていました。
リプニツカヤ選手もそこに感情を込めて素晴らしい完璧な演技を見せてくれました。
今季は不調に苦しんでいますが、再起を期待し、エールを送ります。
ホームページで拡大してご覧いただけます。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
pixivの画像が小さいというご意見をいただき150dpiで、noteは登録なしで閲覧、DL可能なため
念のためサイズを落として72dpiでアップしています。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52948497
https://note.mu/pinsuke/n/nc3fc56ed4035
posted by 183 at 21:43| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

「月下美人」オリジナル背景版追加

オリジナル背景の「月下美人」を追加、一部素材を使用したイラストと交換しました。
HPに150dpiでアップしています。クリックで拡大します。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
noteに72dpiのサンプルもアップしています。
https://note.mu/pinsuke/n/n1d44ccd1e68f?magazine_key=m1701d57c3cfb
既成素材は別に使っても構わないのですが、だんだん意地が出てきます。
素材は自分の頭の中のイメージと違うので加工して使いますが、それで形が残ってしまうのも
抵抗があります。時間の許す限り交換、修正をしています。
posted by 183 at 18:59| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

母親役を奪われる

紙の新刊です。
本日発売の「本当にあった悲惨な生いたち」(ぶんか社)に『私がママよ!』が再録されました。
子育て経験者の話を聞いてプロットを作っていますが、オリジナルストーリーです。
夫の親と別居で、自分の考えで娘を育ててきた母親が、途中から同居になり、育児に介入され
母親役を奪われてしまいます。娘に服や遊びを与える時に、ことさら女の子らしさを押しつけず
好きにさせてあげたいと思っていたのに、姑は女の子らしさを押しつけ、娘がそれに影響されて
母親を避けるように見えます。
しかし姑には悪意は全くありません。真意がわかることで関係も変わっていきます。
よろしければご覧下さい。

posted by 183 at 11:54| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

月下美人

昨年日本の羽生選手がグランプリシリーズ中国大会で衝突事故を起こし、怪我をした後、
心配する日本のファンのために、中国女子シングルの李子君選手が、羽生選手と撮影した写真を
ツイッターで公開した、というのが噂の真相だそうです。李選手はツイッターで日本が好きだと
書いており、代表選手として細やかな心配りを見せています。
彼女のFS「ムーンリバー」を動画を参照して描きました。背景も月の川はオリジナルです。
2枚目は素材を使いつつ、かなり加筆しました。
150dpiの画像をHPに、noteには72dpi、pixivには96dpiでアップしています。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
https://note.mu/pinsuke/n/n1d44ccd1e68f
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52697612
posted by 183 at 23:59| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

噂の美少女スケーター

日本の羽生選手と微笑ましい噂を立てられている中国の美少女スケーター李子君選手を
描いてみました。写真トレスではなく、動画を見ながら線画からフルデジタルで描きました。
公式サイトのDigital galleryでご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
別の背景でもう一点仕上げてから投稿サイトにアップします。
李選手のツイッターに、親しげなツーショット写真がたくさんアップされているのを見ました。
https://twitter.com/lizijunangel/status/450287676143312896
確かに似合いの美男美女です。しかしマスコミに対してはきっぱり交際を否定しています。
選手としての敬愛はもちろんあるでしょうが、言葉も練習拠点も違い、接点がありません。
狭い世界にありがちなネタだと思います。
しかし選手同士が仲好さそうな写真を互いに公開している様子を見ると、心が和みます。
小さな努力の積み重ねを無にしないよう美しく描きたいと思いましたが、なかなか難しいです。
posted by 183 at 22:59| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

埼玉絵画館更新

ファイルの整理をしていて、埼玉絵画館に使う予定で残していた花の写真が出てきましたので、
水彩風に編集してアップしました。他の写真の花は桜で、横長で統一していた中で、これだけ
異質で縦長だったので入れずに残していたのです。スライドショーには使っていませんが、HP
の埼玉絵画館に追加しましたのでよろしければご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
noteに96dpiのサンプルをアップしています。
https://note.mu/pinsuke/n/ne1e54d6010ec
参照元を明記して下されば転載していただいてかまいません。

イラストを作成するのに2つのソフトを使い、ブラシという、筆のような使い方をする機能と、
フィルターというタッチを好みで加工する機能を併用しています。
最初はブラシだけで、タブレットの上で手描きと同じような、つまりアナログと大差ない
使い方をしていましたが、半年前くらいから、フィルターを積極的に活用しています。
カタログやポスターに使われるイラストはこれを活用して作られています。
どうやって作ったのか想像しながら見る癖がつきました。
可動域が広がると、目に入るものが増え、何でも参考になります。

先日アップしたモノクロとカラーの"In The Garden of Souls"をオリジナルサイズで印刷テスト
しましたが、印刷ではモアレができることはなく、商業誌のようにきれいに出て安心しました。
モアレはコンピュータのドットとの干渉でできるもので、配信で完全に消すのは難しいのですが、
印刷ではトーンのドットで印刷されますので問題ありません。
無料公開している画像は解像度が低いため、印刷ではぼやけますし、ジャギーが出ます。
DLmarketで販売しているPDF、noteで販売している350dpiのJpegファイルは印刷できます。
よろしければご利用下さい。
http://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=11945
https://note.mu/pinsuke/m/m1701d57c3cfb
posted by 183 at 14:43| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

In The Garen of Souls モノクロをカラーでリメイク

昨日上げたモノクロをカラーでリメイクしました。
線画はそのまま使い、主に顔と背景をカラーで描き足しています。
モノクロ用の線を生かして厚塗りはせず軽く仕上げています。
HPに両方並べてありますので、よろしければ比べてご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
noteに96dpiのサンプルがあります。DL、転載していただいて構いませんが、参照元の明記を
お願いいたします。
https://note.mu/pinsuke/n/nc8c32f7f2198
posted by 183 at 19:35| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

モノクロ初挑戦

高橋大輔さんの名作SPを、漫画原稿サイズのフルデジタルのモノクロイラストにしました。
以前「カナリア」をモノクロ化したことがありますが、ペン入れまでは紙に描いています。
今回初めて線画からフルデジタルで完成させました。
特定の写真のトレス、摸写ではなく、ビデオを参照しながら描いたオリジナルです。
背景は、音楽のVASのアルバムジャケットが樹木の写真を使用しているのを参考に、埼玉の
氷川参道の木をイラスト化しました。
HPに150dpiの画像を上げています。クリックで拡大します。
テキスト通りにトーン処理をしましたが、ブラウザではどうしてもトーンの部分にモアレと
呼ばれる余計な模様が生じます。
コンピュータのドットとトーンのドットが干渉して描いていない模様が見えるのです。
拡大縮小でも見え方が変わります。
印刷では出ませんが、配信では完全には避けられないようで、大手のサイトでもモアレが見えます。
その点はご容赦下さい。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
pixivとnoteに96dpiのサンプルを上げています。
http://www.pixiv.net/bookmark_detail.php?illust_id=52465822
https://note.mu/pinsuke/n/n9ced0ec30ad1

カラーとモノクロでは同じソフトでも使う機能が違い、両方できないとデジタルで何もできません。
独学で、使える時間を練習に使い尽くしてようやくここまでできるようになりました。
コマを割って効果を入れるのはまだ先です。
posted by 183 at 18:56| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

クールサイタマ

引き続き地元さいたま市のイラスト3点をアップしました。
神奈川と比べダサい田舎のイメージで損をしていますので、駅前の自作写真を加工し、ブラシを入れ
塗り、消し、書き込みをして、クールな雰囲気に仕上げました。
田園風景はさいたま市でも駅から数キロ離れており、中心はスーパーアリーナや鉄道博物館、
宇宙劇場、ホテル、デパートもあり、宅配もしてくれるので、くらしやすいと思います。
10月には浅田真央選手の復帰戦がさいたま市で行われます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/japanopen2015/
HPのDigital gelleryの埼玉絵画館に150dpiの画像を上げています。クリックで拡大します。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
pixivとnoteに96dpiのサンプル画像を上げています。無料でDLできます。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52383778
https://note.mu/pinsuke/n/n91a739c35fe9
アップしたイラストは転載してもいただいてかまいませんが、参照元の明記をお願いいたします。
また無断での商用利用はお断りいたします。
商用イラストの値段が100円ということは、いくらヘボでもありません。
posted by 183 at 14:40| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

埼玉絵画館スライドショー

HPにアップしていた埼玉絵画館のイラストをスライドショーにまとめてアップしました。
日本の音楽を使うつもりでしたが、権利関係の問題で使いたいものがみつからず、許可されている
クラシックから選びました。春の風景がほとんどですので、ビバルディの「四季」より「春」です。
HPのMoviesにリンクがありますが、大きい画面で表示したい方はYouTubeからご覧下さい。
http://www.shinobumakimura.org/movies/
posted by 183 at 14:48| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

フィギュアスケータースライドショー

私の描きためた、思い入れの深いフィギュアスケーターのイラスト集をスライドショーにして
アップしました。
HPのMoviesでご覧いただけます。
http://www.shinobumakimura.org/movies/
大きい画面で表示したい方はYou Tubeでご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=Bi9jIdGq0dE

イラストは全てnoteで無料公開していますが、一部は印刷可能サイズで販売もしています。
https://note.mu/pinsuke/m/m1701d57c3cfb
ジョニーとヤグディンについては、特に気に入った写真があり、それを参照しているため顔が
写真と似ています。他の部分はオリジナルですが、習作として無料公開させていただきます。

漫画のPDF を販売していたDLmarketで、クレジットカード情報が不正利用された恐れがあり
点検、セキュリティ強化、PayPalへの切り替えの対応を取っているとの連絡を受けたため、
会員の方は異常がないかご確認、ご注意をお願いいたします。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
posted by 183 at 18:57| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

イラスト衣替え

季節の変わり目にふさわしいイラストを9月初めまでに間に合わせようと急ぎました。
2枚組です。実景の方は私のホームタウンです。今回は線画からフルデジタルです。
HPのDigital galleryに150dpiの画像をアップしています。クリックで拡大します。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
noteとpixivに96dpiのサンプルを上げています。こちらはDLできます。
https://note.mu/pinsuke/n/n00d8736fda40
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52303189
posted by 183 at 00:03| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

虚偽記憶と真実

紙の新刊です。
本日発売の「恐怖の快楽」(ぶんか社)に『蛇女』が再録されました。
これは初出時に印刷に汚れがあり、再録でチェックしていますので、きれいに出ています。、
兄嫁に疎まれ、家を出るように嫌がらせをされる妹が、隠してきた過去を暴いて復讐します。
幼い頃に兄にレイプされ、その後遺症が肌に表れるため、男性とつきあうことができません。
それを初めて家族の前で告白しますが、嘘だと否定されて信じてもらえません。
幼い頃の性的虐待を訴えても、虚偽記憶(記憶の作り変え)だと否定される場合があります。
実際には経験していない出来事を誤って想起する(思い出す)という現象があるためです。
http://www.itsuwarinokioku.jp/?page_id=402
しかし彼女の場合は、そうではなかったことが後に明らかになります。
復讐が遂げられた時、悩まされた後遺症も消えていきます。
難しい話であるだけに、読後感がいいように考えました。
よろしければご覧下さい。

posted by 183 at 13:46| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

残暑お見舞い申し上げます

noteに残暑お見舞いのイラストの96dpiのサンプルをアップしました。DLはご自由にどうぞ。
https://note.mu/pinsuke/n/n3bf8d93bec77
HPにも150dpiでアップしています。クリックで拡大します。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
眼鏡にブルーライトカットレンズを装着すると重みでずり落ちやすく、イライラします。
たまりかねて滑り止めを買ってつけてみたら、ずれません。これは助かります。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FVN32RE/ref=pe_492632_159100282_TE_item
つけて描こうと思ったのですが間に合わず、描き終えてしまってから到着しました。
それ以外は文句なしです。重さや痛みのような違和感はありません。
次はつけて描いてみます。
posted by 183 at 19:02| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

PIWと荒川静香となかまたち

荒川静香さんが現役引退後レギュラー出演しているプリンスアイスワールドの写真を元に
出演者のイラストを描きました。日本で唯一写真撮影タイムのあるアイスショーですが、
前列でないと握手や撮影はまず無理です。しかし初めて出かけた2007年に、何とか記念にと
急遽コンビニでバカチョンカメラを買って撮影した写真は、ピンボケで目鼻もはっきりとは
わかりません。全てペンタブレットで描いてショーの記念撮影の雰囲気を再現してみました。
元写真はもっと大きく会場と観客が写り、ファンの顔も見えるため、問題にならないように
ほとんど顔がわからない横向きの荒川さんだけ上げてトリミングして上げています。
他の写真もこれに近いものです。
イラストはDigital galleryで150dpiで見られます。クリックして拡大して下さい。
pixivとnoteにも96dpiのサンプルを上げておきます。
http://www.shinobumakimura.org/digital-gallery/
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=51934234
https://note.mu/pinsuke/n/nb7426841c632
posted by 183 at 19:35| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

心理的虐待

紙の新刊です。
本日発売の「女の不幸人生」(ぶんか社)に『昼も夜も』が再録されています。
この作品の初出から15年近くたっており、ご覧になっていない方も多いかと思います。
多少内容、特に絵には古さもありますが、修正している部分もあります。

当時はまだメジャーだった専業主婦の妻と夫のすれ違いと、近所の主婦の子供への虐待を
絡ませて、全てが解決に向かうようにプロットを作りました。
虐待といっても、手を下す暴力ではなく母親も気づいていない心理的暴力です。
それが他人の目からは異常に見え、やむなく介入することになります。
このパターンは「ショートカット」という作品と同じで、さらに複雑にしたものです。
一つ一つ経験しながら話の作り方を手探りで勉強していました。
題材は平凡ですが、当時今よりずっと若く専業主婦の生活を知らない私には、取材なしに
描くことができない難題で、既婚の知人から話を聞いて参考にしています。
簡単そうな家庭ものは、実は共通体験が多いからこそ難しいのです。
きょうだいの物語でも、兄弟姉妹全部いるわけではなく、取材と想像で描くしかありません。
平凡な話でも、未知の経験を描いている作品がほとんどです。それを経験している人に納得
してもらえないと、通用しません。毎回冷や汗ものです。
家庭ものの難しさを痛感し、既婚読者に通用しない恐怖と闘いながら描いていました。
一定の評価をいただけた作品ですので、よろしければご覧下さい。
モノクロになっているカラー扉絵、本文は、HPのGalleryでカラーでご覧いただけます。
http://www.shinobumakimura.org/gallery/
posted by 183 at 12:35| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

誰も教えてくれない

紙の新刊です。
本日発売の「恐怖の快楽」(ぶんか社)に『冷たい血』が再録されています。
20年ほど前の作品なので、表現の古い部分はご容赦下さい。
派遣社員がお茶を自ら入れる場面がありますが「悪いね、派遣の仕事じゃないのに」と
いわせて描いています。そうしないと誤解されますから、慎重に台詞を入れました。
アルバイトやパート等の非正規が義務でないお茶くみをする会社も直接知っています。
多少の居残りは残業にカウントされないのも、経験の範囲内では当たり前でした。
明らかに業務と無関係な個人的頼まれごとを終業後に頼まれることもありました。
そういう割り切れない現実の中で自力でチャンスをつかむ女性と、正社員で採用された
幸運に甘えて、腐っていく女性を対比して描いています。
最後の決め台詞が手厳しく、これを酷いと思うか、痛快と思うかは、読者の方の考えが
分かれるところだとと思います。怠け者にはモデルがおり、描写が物足りないほどです。
社会派的には庇ってあげないといけないのでしょうが、ここまで酷いと嫌われます。
よろしければご笑覧下さい。

posted by 183 at 12:29| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする