2006年03月23日

電気を使わない住宅

自分の家を建てられる人がどのくらいいるのでしょうか?
私は現状では・・・^_^;です
しかし、○活○○をごまかして家を建てる資金を蓄えた人も知っているんですよね
もちろん自分の名義ではありません
世の中まともじゃありません
(しかしそれで本当に援助の必要な人が切り捨てられては困ります)

今私の住んでいる家は、好きにいじれませんから
できることは、一人の時に暖房を最低限にするくらいです
冬の間は乾燥しているので、非電化除湿機は、買った時に入っていた
ビニール袋をかぶせて休止中です
色は青いまま、まったく変色しません
ビニール袋で湿気が遮断できるんですね
湿気が強くなったら、また使います

さて、家を建てる資金のある方、
津山にホームバンク・オーガニックという会社があります
ホームページがまだ工事中ですが、会社は活動中です
http://www.homebank.jp/
以前からご紹介している非電化工房の藤村さんとホームバンク・オーガニックの
小原さんが組んで、津山に非電化住宅を建設中です
これについては非電化工房のHPに、設計図ほか詳しい
紹介があります
ホームバンク・オーガニックのHPにも非電化住宅のページがありますが工事中です
完成したら画像などぜひ見てみたいものです
電力使用量が一般住宅の10分の1、冷暖房のいらない非電化住宅です
余計なものを使わずに、あるもので心身ともに楽な暮らしができたら
こんないいことはありません
しかもそのアイデアを伝えて広めていけば
無駄なものに使う電力も減っていきます
http://www.hidenka.net/tsuyama/tsuyama.htm


地元の木材を使い、ノン・ケミカルの自然の家‥‥という意味で「オーガニック」であると同時に、施主・建築家・大工・森林持ち主――関係者の人間関係が有機的で”ぬくもり”があるという意味でも「オーガニック」。 こういう家を無理せず、ゆっくり(つまりスロー・ビジネス流)で実現する。 これが藤村のアドバイスした「オーガニック住宅」です。
 小原さんは早速「ホームバンク・オーガニック」という会社を設立し、住宅供給を始めました。 既に数棟の住宅を供給していますが、 小原さんの思いを総結集した家が非電化住宅。 小原さんの自宅にすると同時に、モデルハウスとしての目的にも供します。非電化のアイディアは藤村が全面的に提供します。 設計は著名な建築家の寺章夫さん。 地元の建築家や森林家も加わります。
 竣工予定日は05年10月下旬です。


ということですが
実物が見たいです

どうせ家を建てるなら、考えて建てたいと思います
  



posted by 183 at 13:13| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

洗剤がいらない

洗剤を使わなくても汚れが落ちるスポンジをいくつか使ってきましたが
昨日「激落ちスポンジ08」を初めて買って使いました
http://www.lecinc.co.jp/49news/49-18gekioci/geki-suponji.html

ひどい油汚れは拭いてから洗いますが
石鹸も洗剤もなしで、水で簡単に汚れが落ちて指紋も見えずつるつるになりました
保存容器や皿の油汚れは、石鹸洗剤ではなかなか落ちずベタベタします
やむを得ず合成洗剤を使っても落ちにくく時間がかかります
それも、スポンジと水だけで簡単に洗えました
おかげで、洗い物にかかる時間(多量だと1時間近く)が
かなり減りました
水の使用量も少なくなります
スポンジ本体の汚れは石鹸をつけて洗えば落ちます
原材料がポリウレタン、ナイロンの合成繊維ですが、
同じ合成繊維のスポンジを使うなら、いいです
長もちすればなおいいですね
天然繊維など別の素材でいいものがあればぜひほしいです
睡眠不足で長々と食器洗いをしているとうんざりしますよね



posted by 183 at 11:24| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

伝統のカイロ

寒い冬、死刑!^_^;というわけでまだ春は遠く
エアコンがないと体が芯から冷えます
手先の動きも鈍くなるので、ホットクッションを使って腰を温めています
去年はこれで大助かりでしたが
ひとつ歳をとったせいか、それでも体が冷えて動きが鈍ります
仕事をする時は冬眠モードで省エネルギーというわけにもいきません
どうしたものか・・・とネット上を徘徊して
伝統のハクキンカイロを再発見しました
http://www.hakukin.co.jp/top/index.html
昔はどこにでもあった記憶がありますが
今はすっかり使い捨て製品に押されています
非電化工房HPで、使い捨てでなく、効率もよい非電化製品として紹介されています
日本のオタクがせこせこと省エネしても、ドバイで人工スキー場が稼動しています
地球を使い捨てて火星に移住するつもりの人たちもいます
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051128302.html

しかし地球に愛着のある人間もいます
せめて星の見える空くらいは、保っていたいものだと思います
次回はカイロで温まります


posted by 183 at 14:58| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

命名

昨朝除湿機を再度日光浴させ、完全に回復させて
使用しています
晴れたり降ったりの毎日ですが、除湿機が働いている間
湿度は78.5%以下に止まっています
除湿機がない時は80%に達しています
今朝77%、現在72%強まで下がっています
働いている、と思います
しかし、見た目は優雅です
空色にからピンクに変わっていく様は
色とりどりの紫陽花に似ています
そこで
PURPLE(紫)、SUN(陽)、FLOWER(花)と
POWER、SLOW、FREEを掛詞にして
PSFと命名しました


今日は記念日ですが
本当は何事についても常に「今日の日が記念日」
『ANNIVERSARY』)だと思います



posted by 183 at 12:14| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ピンクに変わる

また管理人のアドレスを使ったHメールが出ました
「全部無料で使えます」というタイトルのメールです
受信トレイに表示されるアドレスは牧村のものですから、
送信禁止に指定すると、本当に必要なメールが届かなくなってしまいますので
ご注意下さい
念のため、メールフォームのアドレスは別のアドレスに変えてあります
以下、スパムメールのコピーです

☆★☆★☆★☆★
完全無料は常識♪
☆★☆★☆★☆★
直アド直電が完全に見れるので絶対に会う事ができます。
即会いで癒しの時間作ってみませんか?
http://awg.webchu.com/?seaside1 毎夜女の子がいっぱいです♪
まずはご覧下さい。

さて、肝心な本題です
非電化除湿機、すっかピンク色に変わりました
使用後画像そのままの色です
日光にさらさないともう除湿できませんが、あいにく太陽が見えません
窓を開放して使用し続けて4日弱で湿気満杯状態になりました
今雨はやんで薄日のさす曇天ですが、
気温は26℃で湿度は80%あり、朝から下がりません
除湿機が働いていた日は、雨が降っていても室内の湿度は
最高で78%で、雨が上がると日中半日で73%に下がりましたから
やはり効果はあったのではないかと思います
多少の湿度差ですが、気温は低いのに肌がじっとり汗ばんでいます

ちなみに、除湿機を使用しない時は、包装されてきたビニール袋を
すっぽりかぶせるのだそうです
それならもう少し長期間使えるでしょう
管理人はずっと使いっぱなしですから、限界も早く来ました
干さないと再生しないところ、スローで愉しいです

続きを読む
posted by 183 at 11:11| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

72%

湿度は、起床時72%、気温27.5℃
試しに除湿機を部屋の外に出して3時間後、
室内の湿度は72%強
再び部屋に入れて1時間半後の現在、72%弱
湿度計がアナログ式なので目で計っていますが
72%を若干超えたり切ったり、というところ一定しています
数字で表せるほどの大きな湿度の変化はありません
体感でやや乾いている感じがする、というところです
女性は乾燥に敏感だと思いますが、顔、肌のツッパリ感があります
除湿機の後ろに扇風機を置いて弱で使用すると
ことのほか快適です
今原稿を描いていますが、紙がぬれないよう
腕の下に敷いている当て紙が湿りません(除湿機が来る前は湿りました)
原稿用紙も湿気を含んでペン先がひっかかることが
よくあるのですが
今回の仕事では、今のところひっかかりません
紙も手も乾いています
若干の効果はあるように思います

私はエアコンなしに慣れているせいもあるでしょうが
このくらいの気温、湿度なら苦もなく耐えられます
エアコンに依存すると、お隣のようにやめられない体になるのかもしれません

蛇足ですが、シャツは綿100%が涼しいですよ
化学繊維混紡のシャツを着ると、てきめんに暑くなります


続きを読む
posted by 183 at 11:52| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

湿度計と体感

温度計・湿度計が窓際に取り付けてあります
非電化除湿機の設置場所からは4m近く離れています
昨日は夕刻雨が降り、71%の湿度が72%近くに上がり
就寝前までほぼ72%のまま、変わりませんでした
何しろ二つの窓を開けていますから、絶えず外の空気が入ってきます
さて、就寝時は窓も雨戸も閉めて、エアコン・扇風機は使用しません
防犯のためでもありますが、窓を開けると
隣家の室外機の騒音に悩まされるからです
雨戸を閉めてもその音は聞えます
いつ目をさましてもカタカタ音がしているので
一晩中エアコンをつけているものと思われます
ですから雨戸も窓も開けられず、じっと耐えて眠るわけです
慣れるとそれでも眠れますが、到底快適とは申せません
除湿機を買った目的の一つは、その夜間の密室の除湿でした
数字から申しますと、朝目を覚ました時、湿度は72%で、就寝前と変わりません
しかし、肌は乾いており、汗が流れていませんでした
気温が27℃と、涼しかったためもあるかもしれません
その後窓を開けると、外は雨が降っており、
気温27℃、湿度は73%に上がりました
窓を閉めた密室では72%でした
外気はほとんど入りませんが、いくらか除湿機の効果があったのでしょうか
私のデスク、眠る場所は湿度計より除湿機に近いのですが
体感では使用前より肌が乾いている気がします
汗は流れません

一日では何とも言えませんので、違う天候、条件で使用を継続し
また、設置場所も変えてみて実験します




続きを読む
posted by 183 at 10:43| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

非電化除湿機設置

非電化除湿機が来ました
早速脚をネジで取り付け、本棚の前に設置して使用を開始しました
空色の濾紙は、湿気を一定量吸い込むとピンクに変わり
日光にさらすと元に戻り、半永久使用可能だそうです
思ったより軽く、角が丸く、画稿を入れる鞄より一回り
大きい程度のもので、持ち運びは楽にできます
インテリアとしても無骨でなく、色鮮やかで、居室になじみます
しばらく使用してからレポを上げます
利益なしの原価販売、意気に感じます
ありがたくエアコンの代りに使わせていただきます
30分足らずで肌が乾いてきた気がするのは思い込みでしょうか?(^_^;)

窓を開放し、レースカーテンを閉めた北西向きの角部屋の、
2つの窓からおよそ3m離れた地点に設置
気温30℃
使用前湿度72%弱
使用2時間後湿度71%

posted by 183 at 12:22| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

ソーラーライブ・ステージ極秘画像

あのお方のソーラーライブに関心をお持ちの方が
いらっしゃいますので
管理人が参加したソーラーライブのステージセットの画像を
アップします
当日ライブ中の撮影は禁じられていましたので、
写真は開始前にステージの裏側から撮影したものです
光っているのはステージの屋根で、その両脇に白っぽく見えるのが
ソーラーパネル(アーティストの私物)の裏側です

おそらくご存じない方が多いと思いますが
2001年11月に日本で初めて行われたソーラーライブです
ステージの上に設置されたソーラーパネルで
ライブに使用する電力のほとんどをまかない
ほかに、グラヴィトンなる手動発電シンセサイザーも用いています
グラヴィトンはこのライブのために開発されたアーティストの発明品です

通常のライブでは、多くの電力が必要とされます
特に、大音量を出すために、多くの電力を消費するPA装置が必要で、
それは会場のソーラーパネルではとうてい供給できません
そこで、音声をFM電波で放送し、客が持参したFMラジオで
それを受信し、ヘッドフォンで聴く、という方法が考えられました
通常の大音量ライブとは全然趣が違うラジオライブです
体を使うのはアーティストで、客は聴くだけですが、
それでも、スタンディングで体を動かしていますから
ヘッドフォンがずれたり、チューニングが狂ったりして
聴こえなくなることがありました
マシントラブルもあり、シンセサイザーの音が出なくなって一時中断もしました
雨天の日もあり、ファンも協力してあらかじめ蓄えた予備電源を使いましたが
それも不足して一曲演奏できなくなり、完璧とはいきませんでした
途中で爆発が起こるかもしれない、毒ガスが発生するかもしれないという危険も予測され、
入念にリハーサルを重ねても、不安材料はありました
それでも無事にほぼ予定通りの演奏ができ
成功したと言えます
管理人も連れも無事生きて帰りました

考え付いたのはアーティストで、スタッフの貢献も多大ですが
独創的なソーラーライブでした
所詮客は楽なものですが、それでも通常のライブよりは努力が必要で
めんどくさかったです^_^;
スタンディングで装着できる携帯ラジオ、音が良く軽いヘッドフォンを
事前に調達してテストしてから持参しました
客の中には、自家製の大声発電機(声を電気に変える)を
開発し電力を提供した猛者もいました
結果的に、参加度の高さが面白さであると実感しました

望むと望まざるとに関わらず、万事、難しいことは
専門家に任せる、お金を払って買うという「お客様」生活を普段していますが
やりたいことは自分で工夫してやるということを、
目の前で汗を流し息を切らして演じて見せた熱演に
心底から拍手を送りました
演奏中、自ら手動シンセサイザーの円盤を回して発電し、演奏し、
さらに歌うという、一台三役の働くおっさんでしたが
表情を崩さず、売り物の黒服は脱がず、
振り返らずにスタスタと退場したラストまで
あくまで粋でした

公式サイト・関連ページ

solarlive
posted by 183 at 12:49| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

非電化除湿機正式注文受付

人が留守にしている間にまたVRがいたずらしましたが
偶然非電化工房からメールをいただきました
電力を全く使わずに除湿できる非電化除湿機が完成し、
正式な注文受付が始まりました
製品の到着は申し込みから2週間後です
残暑には間にあいますね
価格は原価で儲けなしです<(_ _)>
送料は別途かかりますが半永久使用可能ですから
安いものです

製品に興味をお持ちの方はこちらからご覧下さい

本日は恒例の南関東への病院通いです
近くに同じ治療法を採用している病院がないのです
途中画材を買いに寄り道し、途中また紀伊国屋画廊に立ち寄りました
森住卓写真展「核に蝕まれる地球」は明日までです
会場に巨匠がいらっしゃいました
posted by 183 at 21:16| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

二重の虹

モンゴルに二重の虹が出た・・・写真が
非電化工房HPにアップされています
藤村さんは7月9日にモンゴルから帰国、
モンゴル非電化プロジェクトのレポートもアップされています
非電化冷蔵庫、非電化暖房、自家発電ランタン、
不可能とされた野菜栽培の様子なども画像で紹介されています
説明会の場で非電化冷蔵庫が1台売れたそうです

ところで、管理人も申し込んでいる非電化除湿機は
まだ完成していない様子で実物が到着しません
一定期間使用してからレポートをアップするつもりでしたが
もう少し時間がかかりそうですので、お待ち下さい

実はNHK衛星で非電化工房の特番が17日に放送されたのですが
HPの告知を見落としたのか(ほぼ毎日巡回しているのですが)
見逃してしまいました
衛星を見られないので録画を頼むしかないのですが、
気付いたのが少し遅くて間に合いませんでした
しかし、9月には地上波(民放)でも特番が放送されますので
チェックしておきます

非電化工房については最初『朝日新聞』の記事で知り
藤村さんの考え方も含めて興味を惹かれました
電気代節約のための非電化贔屓、というわけではありません
以前も記事にしたように、幼少時は箒と塵取りで
掃除をするのが当たり前で、特に不自由していませんでした
しかし今は畳の部屋でもいちいち掃除機を使わなければいけない
という感覚になっています
実は大変非効率的なエネルギーの使い方をしており
合理的でないものを合理的と思い込んでいるということに
あらためて気付かされました
著作の『愉しい非電化』をご覧になると、そのあたりのことが
生活に密着した具体例を上げながら説明されています
物理苦手な管理人は固まるところもありますが
読めるところだけ読んでも面白いですから、夏休みの読書にお薦めします

余談ですが、二重の虹で『日出処の天子』を思い出すオタクでした
厩戸王子(聖徳太子)が笛を吹くと二重の虹が出るんですよね
モンゴルにお出ましになったのかしら(^^♪

追記
「二重の虹だぞ!」
「ち ちがう! よく見ろ 外側にもう一本
 さ 三重の虹だ」(『日出処の天子』第8巻 花とゆめコミックス)
でした
さすが聖徳太子です<(_ _)>



posted by 183 at 11:01| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

非電化除湿機来る

非電化除湿機がいよいよ予約数500台に達し、
製造開始にこぎつけました
希望する方は、予約していなくてもメールで注文できますので
まずは非電化工房HPをご覧下さい
http://www.hidenka.net/

置くだけで12畳まで除湿でき電気を使わず廃棄物も出ない
半永久使用のスグレモノです

管理人は夏はエアコンを使わずに寝ますが
防犯のため窓を開けられず、さすがに真夏日は寝苦しくてたまりません
除湿ができればいくらか楽になるでしょう
よかったよかった(~_~;)

ところで、エアコンのなかった頃、とある暑い国で、
女性の体を抱いて冷房代わりとすると言う実話を
読んだことがあります
特に臀部は体温が低いため、抱くと冷たくて気持ちが良いのだそうです
しかし、抱かれる方が暑くてたまりません
そんなのは非電化でもワガママです(~_~;)
posted by 183 at 10:36| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

冷房の前に除湿

非電化エアコンの検索が多くなりました
暑くなりましたね

幾度かご紹介している非電化工房のHPに詳細情報が
ありますが
非電化エアコンは、一般家庭向きの商品として
販売されてはいません
非電化の野菜貯蔵室、冷蔵庫についても、作り方は紹介されていますが
商品化して販売されてはいません
国内外での建設プロジェクトは進行中ですが、それについては
直接HPをご覧下さい

商品化されて、現在予約受付中なのは
非電化除湿機です
http://www.hidenka.net/hidenkaseihin/dehumidifier/index.htm
電力を使わず12畳の部屋を除湿でき、半永久使用可能、交換部品はなく
価格は原価のまま15000円です
予約が規定数に達すれば、製造され、販売されます
私も予約していますが、まだ製造可能台数に達していません
もうじき達しそうだということですが
夏に間に合わせるためにも、ほしい方はぜひ予約をお願いいたします
エアコンがなくても除湿だけでもかなりしのぎやすくなります

posted by 183 at 11:54| エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

交換不要・卓上浄水器

非電化工房の新製品、卓上浄水器「SELF GUARD」の情報・画像が
HPにアップされました
中は活性炭で、時々熱湯で殺菌すれば半永久使用可能、
カートリッジを交換する必要がありません
ポンプを押せば不純物が20分の1、2回押せば400分の1に、
3回押せば8000分の1になり、世界一の性能ということです
デザインも、ティーサーバー様で
食卓になじみます

現在予約受付中です
詳細をお知りになりたい方は
直接お問い合わせ下さい

http://www.hidenka.net/hidenkaseihin/water%20purifyer/index.htm

ところで、管理人の予約している非電化除湿機も
まだ予約数が製造可能台数に達しておりません
入梅の前に購入できますよう願っております
ほしい方はぜひ速やかに予約して下さい
今なら入梅前に手元に届きますよ
こちらも廃棄物なし、半永久使用可能のスグレモノです

posted by 183 at 13:13| Comment(3) | TrackBack(1) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

非電化TV出演

幾度かご紹介している非電化工房・藤村氏が
TVに生出演なさるとのことです

2月15日の16時からテレビ東京と系列地方局で放映される
「レディース4」です
出演時間は、TVのことですからわかりませんが、20分くらいだそうです

現在修道院に非電化野菜貯蔵庫(ストローベールハウス)を
建設中ですが
ほかにも、ナイジェリア、モンゴル非電化プロジェクト進行中です
詳細はHPをご覧下さい

バカが風邪を引いて締め切り真っ最中、真っ青です(^_^;)
万能薬EMXを飲んでいますが、キムチも良いとのことですね
風邪の予防にも有効とか。。
次回は試してみます


posted by 183 at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

非電化除湿機来る!

以前ご紹介した非電化工房製作の
非電化除湿機が、春ごろには製造・販売可能な予約台数に達し
発売できそうだとのことです
申し込んでから時間がたち、今年の夏はあきらめ、
来年夏は使えるのかと
危ぶんだのですが、待った甲斐がありました
日曜大工で作ることも可能で、作り方も紹介されています
続きを読む
posted by 183 at 12:20| Comment(5) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

ハエ発電・・すごすぎる

化石燃料のいらない夢の生活・・・
人類の野望に一歩近づいたか?

ハエを燃料として動くロボット「エコボットU」開発途上です
上部に備え付けられた微生物燃料電池によりハエ発電します
これ以前に、砂糖で動くガストロボットが開発されていましたが
自然環境をシミュレートするためにハエ発電バージョンが作られました

嫌気性バクテリアの入った汚水容器に死んだハエを入れ、
ハエの外骨格に含まれるキチン質を酵素で糖分に変換し、
糖分をバクテリアに分解させて電気を取り出す仕組みです
エネルギー源は、全てこの「ハエ燃料電池」でまかないます

なぜハエかというと、向こうからやってくるので
捕獲が容易だからです
人間の排泄物を使っておびき寄せることも考えられています

目標は、人間がメンテナスに行けないような場所で
継続的に環境データを収集し、送信することです
続きを読む
posted by 183 at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

ダイエットは地球を救う

米国の20歳以上の平均体重が過去10年ほどで約4.5キロ
増加したため、旅客機のジェット燃料のコストが
年約2億7500万ドル(約300億円)も増え、
燃焼に伴う二酸化炭素が380万トンも余分に排出されるなど、
経済や地球環境に深刻な負担を与えていることが
疾病対策センター(CDC)の研究で明らかになりました

380万トンというと、日本の2002年度の二酸化炭素排出量の
およそ350分の1、日本の排出量の1日分以上
太っているというだけで増やしているんです
データ

なんでもいいからとにかく痩せろー!
と、いうことですね

そか、粗食、ダイエット、は結果的に二酸化炭素
排出量削減に役立っているんですね
私は健康管理が欠かせないので暴飲暴食はしないし、
どちらか言うと粗食の方かもしれません
しかし、痩せるとまず頬がこけ、小顔というより
老け顔(般若のお面)になって嫌なのです
あまり痩せるとババくさいので、あえて高カロリー食品を
続けて食べることもあります
その上バスに乗って二酸化炭素排出量を増やしてます
我欲ゼロには出来ません、すみません(=_=)
あまり太らないよう心します

プーチン・ロシア大統領は京都議定書批准書に署名しました
プーチン氏はダイエットの必要はなさそうなので
国民の体重まで考えてはいないかもしれません

署名しない国の方は・・・とにかくせめて痩せて下さいね



posted by 183 at 17:08| Comment(4) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

電池不要・握ると光るLEDライト懐中電灯

握ると光る、電池が要らないLEDライト懐中電灯

ここ

とある通販でポイントを貯めると貰えるので
以前から狙っていました
昨日地震があったため
注文が殺到しているそうです
何しろ低価格で、便利ですからね

購入申し込みは一息入れてからがいいようです

普通の防災グッズは揃えていますし
カンパンも時々食べて入れ替えています
子供の頃食べたカンパンは出来れば食べたくない
味でしたが、今はおいしくなりましたね
懐中電灯も、電池式はあるので
考えればあわてる事もないですね


続きを読む
posted by 183 at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイジェリア非電化計画

先日もご紹介しました非電化工房からメールマガジンが来ました
記事を書いたモンゴル非電化プロジェクトの
レポアップの知らせと、
もう1つ、ナイジェリア非電化プロジェクト?の話です

以下おおむねコピペですが、概略ご紹介いたします

10月22日、ナイジェリア公使のビクター・ウドエンさんが
葉山の非電化工房アトリエを来訪されました
目的は非電化冷蔵庫や非電化浄水(殺菌)器の見学と、
協力依頼です
ナイジェリアでは、乳幼児の死因のほとんどが
水因性疾病であり、国民の67%が貧困層で、80%の
人には電気が届いていないそうです
ビクターさんは、葉山のアトリエに設置された
非電化冷蔵庫や非電化浄水装置を見て「この2つで、
ナイジェリアの最大の問題が解決できる」と興奮していました
モンゴルに次いで、ナイジェリアでも非電化プロジェクトが
進むかもしれません

簡単なレポートをホームページにアップしましたのでご覧下さい
ここ

 

posted by 183 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする