2004年10月22日

レポ・日本人がモンゴルに非電化冷蔵庫、冷暖房設置

テレビ、コンピュータ・・・物質文明に憧れ
首都に移住した(元)遊牧民数十万人が職もなく、辛い状況になっているそうです
小型TVなら、移動式の小型太陽電池か風力発電装置で
まかなえ、遊牧を続けられるのですが、
冷蔵庫や冷暖房は無理です
そこに非電化工房の非電化製品の話が届き
非電化工房側が、「現地の企業家が作り遊牧民が買う(羊との物々交換)」
という提案をし、歓迎されました
その方がモンゴルの文化も産業も(環境も)壊されなくていい、発明の権利は無償であげるという考えです
すばらしいです

10月2日から9日まで、モンゴルに出かけた非電化工房藤村氏とスタッフは
遊牧民のための冷蔵庫や、羊乳殺菌装置を設置、テストし
結果は大成功、日中でも4度以下を保てたそうです

興味深い実験レポートがアップされました
よろしければどうぞ覗いてみて下さい

http://www.hidenka.net/index.html
posted by 183 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

非電化エアコン発明

非電化工房よりメールマガジンが来ました

「(非電化)夜だけスローエアコン」発明!

家をいじらなくていい、消費電力も少ない新発明です
ありがたや、来年の夏は生きてれば涼しくすごせます
試作を完了、明日から実験だそうです
近い内にホームページに詳細がアップされますので、注目です

門外漢なので、以下、コピペ<(_ _)>で失礼します

「デシカント・クーリング」と呼ばれる手法に属するものです。
昼の間に除湿材を太陽熱で乾燥状態にしておき、これを利用して
夜に乾燥空気を作り、水を噴霧して(気化熱が奪われることにより)冷気を作り、
熱交換器で冷たさだけを取り込んで、湿気は室外に放出します。
夜だけしか使えないし、冷房能力もスローですが、構造は(日曜大工でできるくらい)シンプルで、
電力(実はちょっと使う)は30ワット程度
(非電化製品カタログで紹介している小型太陽電池で賄える)
というシロモノです。何処が発明かと言うと、
電力をほとんど使わないでデシカントクーリングを実現する構造の部分です。
 
http://www.hidenka.net/index.html


posted by 183 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

エアコンを使わない最後の人

200408153cd4af99.jpg子供の頃から、夏は暑かった
・・・当たり前ですが
せいぜい30ン度で猛暑、と言われ
40度を越す暑さはなかったように思います
34度くらいでびっくりしてたような・・・
年々暑くなっている、というのは実感です
エアコン使用が拍車をかけて悪循環
暑い日は東京がデリー(インド)なみだったとか。。。
熱中症も人事でなく深刻な問題です(__)

しかし、実は私はエアコンが苦手なのです
エアコンで冷やすと、もともと弱い首や腰が
妙に冷えて痛くなり気持ちよくありません。。
だから、暑くても使いたくありません。。。
しかしこう暑くて風がないとまさに「煉獄」という感じで仕事もできません
実は扇風機も苦手で、長時間当たれません
どうしたらいいのか悩んだあげく、HPで暑さ対策を
調べたり、突発的に思いついたりして
風通しをよくして、インテリアを寒色系に変えて、見た目の涼しいハーブを買ってきて
少しでも涼しく感じようと悪戦苦闘しています。。こうなりゃ意地です(ーー;)

夜は勿論防犯のため窓を閉めて寝ます
慣れればなんとか耐えられます
どうしても暑い時は氷をなめてしのいでいます
板の間に寝ている人もいるそうですね
少しでも地球寒冷化に貢献できればよいのですが。。
・・・ほんとにもう、「暑い夏、死刑!」(「がきデカ」・・・(^^♪)と叫べば涼しくなるならいいんですが
震える舌
posted by 183 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする