2017年03月11日

ご冥福をお祈り申し上げます

震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、過去同じ3月11日に非人道的な空襲
により犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。
忘却しないため、クリスタで練習を兼ねて写真から「東京都慰霊堂」を制作しました。
HP等にアップしました。クリックで拡大します。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
LOTUS72.jpg
posted by 183 at 15:00| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

フォトバッシュ

フォトバッシュとは、Photoshop等のソフトを使い、複数の写真や画像を組み合わせてペイントを加える
などして、新たな1つの画像を作成するデザイン技法です。
https://thinkit.co.jp/article/11030
今までもイラストの背景に簡単なフォトバッシュを使ってきました。
今回は3月11日のために、人物を入れずに風景と花を組み合わせてブラシ等を使って制作しました。
よろしければご覧下さい。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
posted by 183 at 15:08| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

久しぶりのブロンドの少女

久々にブロンドの少女をカラーで描いた習作をアップしました。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
デビュー当時少女漫画は、二重の白人のような顔が人気で、美形の白人の子供の写真を摸写しろと
アドバイスされ、背景も日本は汚いからパリの街のように描いて、と言われたこともありました。
今は、人物は切れ長の一重が美しいと認められ、背景も日本らしく描いて通用します。
外形については白人コンプレックスが薄れたことを実感します。
すると逆に、たまには白人も描いてみようかな、という気持ちになります。
白人のように描かなければならないのと、描きたいから描くのとでは、全く違います。
うまく描けるかどうかは、また別の問題ですが・・・。
できるだけ描ける顔の幅を広げたいと思います。
posted by 183 at 23:33| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

クリスタでコマ割りから仕上げまで試作

クリスタで初めてコマを割ってフルデジタルで人物を描き、ベタを入れ素材を貼付け、効果線を入れ、
フキダシを作り台詞をイワタアンチック体Bで入れてみました。トーンとベタ以外初めてで、使い方を
いちいち調べながらで、時間ばかりかかりました。フォントのDLからやらなければなりませんでした。
出力もクリスタのみで、Photoshopは使いませんでした。
ちゃんとした話を考える余裕がなく、台詞はお遊びです。
よろしければご笑覧下さい。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
posted by 183 at 13:54| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

トーン問題解決

クリスタでモノクロ2階調の原稿を仕上げて、WEB用にグレースケールに変換してサイスを縮小すると、
トーンが薄くなる、消える問題は設定で緩和できました。
同じような悩みを抱えた方々の投稿がすでにあり、公式に対策が上がっています。
https://www.clip-studio.com/clip_site/support/help/detail/svc/53/tid/72037
Web用に書き出しをする場合は、「拡大縮小時の処理」を[イラスト向き]にします。
これはすでにやっていましたが、薄くなっていました。
さらに縮小して書き出す場合は、書き出し設定ダイアログで[色の詳細設定]ボタンをクリックし、
トーンの出力設定を[出力倍率に依存する]にして書きだすとトーン消えは解消しました。

HPの「背景」に書き出し直したダイニングキッチン、ティーカップ、屋内、天王洲アイル、六本木
他モノクロ画像を入れ替えました。
ぼんやりと全体が暗くなっていたのが、書き出し直して明暗がはっきりしたのがわかります。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/

これしきのことで時間を取られて泣きたい気分ですが、できないと漫画をアップできません;つД`)
posted by 183 at 14:56| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

素敵ないただきもの

昨日上げた絵をpixivのマイピク様がリメイクして下さいました。
よりストーリー性のある抒情的な作品になっています。
このくらい密度の濃い背景にできればよかったのですが、トーンの使い方で苦労し時間切れでした。
新たな作品を描く時のヒントになります。ありがとうございます。
ぜひご覧下さい。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
posted by 183 at 12:18| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

クリスタでバレンタイン

クリスタでモノクロのバレンタインイラストを作ってみました。HPで拡大できます。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/ 
印刷はモノクロですが、WEB用にグレースケールに変換してサイズを小さくするとトーンが薄くなる
問題を、どう解消するかが次の課題です。
男性の服のトーンがほぼ消滅しています。
元画像を開くとちゃんと影が見える濃さになっています;つД`)
posted by 183 at 15:42| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

トーン部分を指定して塗る

クリスタでモノクロの練習を続けています。
秘密のありそうなイケメンを描いてみました。HPに少し大きい画像を上げました。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/  
板タブで線画が描きにくいので線はつけペンで描きましたが、トーン処理もベタもクリスタです。
今回は、トーンで影をつけたい部分を鉛筆ツールでアナログのように指定して、別レイヤーを
グレーで塗って、はみ出しを消して鉛筆レイヤーを消して、トーン化しました。
前回の六本木のアメカジのイケメンは、いきなり影の部分を塗ってトーン化したので修正が多くなり
時間がかかりました。やはり先にトーン部分を指定しておく方が楽です。
この作業はアナログで慣れているので最低限の影を割り切ってつけられます。
厚塗りのカラー同様に凝りすぎると、時間をかけずに上げるという目標から外れてしまいます。
早く作業することも大事な目標なので、練習用の絵を描いて試しています。
posted by 183 at 14:25| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ブログにも埋め込み可能

GIFアニメはブログにも埋め込みできることがわかりました。
これは便利ですね。
40秒の余裕と興味のある方はぜひご覧下さい。
イントロとエンディングがなく、音楽がついていないのでYouTubeより短い38秒です。
image.gif
posted by 183 at 12:00| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

アニメもDLできる

実は知らなかったのですが、GIFアニメは右クリックで画像を保存、で簡単にDLできるんですね。
作るのは時間がかかって落とすのは一瞬・・・。
HPの左サイドバーにGIFアニメをアップしています。ほしい方は右クリックして保存して開いて下さい。
サイズは小さいですが、ちゃんと動きます。
https://www.shinobumakimura.org/

しかしこれでは商品にはならないでしょう。GIFアニメの用途はあくまで宣伝ですね。
そういうことも経験しないとわかりません。
一生無理だと思っていたpixivランキングに入ったことが思わぬ収穫でした。
posted by 183 at 13:30| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸運だけでは生きられない

紙の新刊です。本日発売の「家庭ミステリー」(ぶんか社)に『ずるい女』が再録されました。
http://u0u1.net/BryO
別編集のWEBマガジン「波乱万丈の女たち」で配信もされています。
http://u0u1.net/Brzi
内容に違いはありませんので、お好みでどちらでもご利用下さい。

高校時代の同級生の女性二人が、家庭から自立するため同居して仕事を探しますが、美貌に恵まれた
1人が早々とチャンスをつかみ、残された1人は地道に努力してもなかなか報われません。
結末がどうなるかは雑誌でお楽しみ下さい。
確かに若いうちは容姿で得をする、あるいは損をすることは、ありがちだと思います。
美貌が幸運に結びつくこともあります。ただし、他人からもたらされた幸運はそれだけのものです。
自分が何を考えどう生きるかは、他人の思惑とは別です。自分の考えがあやふやなままでは、周りに
振り回されて終わります。
最初は運不運に見えても、自分の求めるものを見定めた方が望む場所に辿りつくと思います。
ご興味をお持ちの方はぜひお読み下さい。
posted by 183 at 09:24| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

PhotoshopでGIFアニメ作成

昨日YouTubeに投稿した動画と同じファイルを使ってPhotoshopCCでGIFアニメを作りました。
音楽はありませんが、1枚ごとに表示時間を設定することができますので、文字の多い絵は長く、
描き込みのない絵は短くして作りました。
少し長い動画になると途中で再生をやめる人が多いのは解析で分かっています。最後まで見せるのは
よほど面白く巧みに作って引き込まないと無理です。簡単なGIFアニメですので38秒でまとめました。
HPのトップに少し小さめですがGIFアニメをアップしました。
https://www.shinobumakimura.org/
posted by 183 at 14:05| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

72の謎解き動画

イラスト連作の72の謎解きを動画にしました。
72は数秘術(ゲマトリア)で神を示表す数値です。
http://mex-co.cside5.com/solomon72/AlefBeit.html
私の動画は72の謎解きと共に「神様はどこ?」という問いに対する答えを私なりに表現しました。
https://www.youtube.com/watch?v=jeI0BpJ9Lx8

いつもの通り簡単なスライドショーですみません。
漫画制作ソフトもまだ手探りで、凝った動画も作りたいのですが、しばらく先になります。
posted by 183 at 23:00| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

72の謎女性カラー版

72の謎解きスライドショー用イラスト女性版のカラーとモノクロをアップしました。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
同じ六本木ですが少し変化をつけています。デジコミだからできる背景と人物の入れ替え、
トリミングを活用しました。ソフトを使って、ペンで描けるのと同じことをしても生きません。
トーン処理はクリスタですが、文字のレイヤー効果はPhotoshopでしかできないものです。
これがデジコミの醍醐味ですので、色々やってみたいと思います。
ただしクリスタとPhotoshopには完全な互換性はありません。
一度Photoshopでレイヤー効果を入れて仕上げてから、クリスタで開くとレイヤー効果が消えます。
その時は慌てず、保存せずに閉じれば、以前のPhotoshopファイルが保持されます。
どうしてもレイヤー効果を入れてから絵を直したい時は、クリスタで編集して別名で保存します。
Photoshopで両方開き、クリスタで修正したレイヤーをコピーして、レイヤー効果入りファイルの
新規レイヤーに貼りつけ、修正前のレイヤーを消せば大丈夫です。
スライドショーは文字を入れて構成を考えますので、もう少し時間がかかります<(_ _)>
posted by 183 at 15:08| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

謎解き用イラスト

先日の六本木のイケメンに描かれた72の謎解きをどうしようか考え、女性のイラストも作りました。
線画にクリスタでトーンワークを加えたモノクロイラストです。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
これのカラー版を別に作り、男性の絵と組み合わせて謎解きスライドショーを作ります。
少々時間がかかりますので、もうしばらくお待ち下さい。
posted by 183 at 16:16| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

クリスタで高層ビルLT変換

自分で撮影した天王洲アイルの高層ビル写真のLT変換を以前アップしましたが、あまり鮮明にできず
反応もよくありませんでした。
写りの悪さをフィルタでカバーしてから変換しましたが、ぼやけているところはどうにもなりません。
今回はパブリックドメインの英国のカメラマンの写真をトリミングして変換してみました。
元の写真が素晴らしく、鮮明ですので、変換もきれいにできました。
クリスタの能力をご覧下さい。モノクロにした写真と変換後のイラストを並べています。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
元のカラー写真はpixabayにあります。パブリックドメインの美しい写真がたくさんあります。
https://goo.gl/cSBTFV
私もどう調整したらきれいに変換できるか、散々練習した甲斐が少しはあったと思います。
posted by 183 at 19:29| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーディネートの著作権

洋服や車などの大量生産品は、著作物、すなわち観賞用の創作物ではないため、著作権はありません。
実用のために製造販売される工業製品は、著作権ではなく、意匠権で保護されます。
意匠登録されたデザインを使って同じ製品を製造販売すれば、意匠権の侵害となります。
イラストや写真は観賞用の創作物で、製品と競合しませんから、工業製品を描写しても大丈夫です。
ただし、美術品として独立して鑑賞に値する工業製品が、著作物と認められる場合もあります。
1点ものの陶器や、美術として鑑賞できる衣服や家具がそれに当たります。
しかし流通している商品は、一般的には、絵に描いても写真撮影して公開しても問題ありません。

ファッション誌を参照して描くことは編集者にも薦めらますが、大抵モデルがコーディネートされた
服を着て、靴もバッグも合わせています。髪やメイクも含めコーディネートの権利も気になります。
メイクも衣装も含めコーディネートも、美術鑑賞の対象となる著作物と認められる場合があります。
しかし実用向けの一般的なコーディネートは著作物とは認められません。
大量販売予定の実用向けのファッションショーの映像の著作権が争われた裁判では、著作権は認められ
ませんでした。
http://ur2.link/BgxS
パリコレなら間違いなく著作権が認められるでしょうが、素人には判断が難しいと思います。
雑誌のコーディネートはそのまま使わず、変えた方が無難です。編集者は変えるように指示します。
漫画の場合はトーンとベタを使うため、仮に洋服をそのまま描いても別物になりますが、髪型や靴も
別のものに変えて描くものです。

また描くとしても、商品名やマークは外すか変えるかします。
バブルの頃は企業の営業担当者が、漫画に描いてほしいと頼むくらいで、緩やかでしたが、最近は
自主規制が厳しく、実在する商品はそのまま描けません。
今はネットでデータを簡単にDLでき、それを利用して製品化できますので規制は強くなっています。
例外的に車は全部そのまま描いても注意されたことがありません。
言われたらその時はその時です。

posted by 183 at 12:36| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

著作権と意匠権に注意

昨日も書いたように、大量生産される工業製品は著作権はありませんが、意匠権で保護されます。
著作権は簡単に言うと観賞用の創作物に認められます。子供の絵でも著作権があります。
工業製品は実用品として使われるために製造販売されます。鑑賞用の商品ではありませんから、
著作権の保護を受けません。だから大量生産品の安い服を絵に描いても著作権侵害とはなりません。
仮に著作権があるとしたら、既製服を着た人の写真をネットにアップすることもできなくなります。
しかし実用品もデザインの良しあしが問われます。実用品のデザインは意匠権での保護を受けます。
別のメーカーが同じデザインの製品を製造販売することは意匠権の侵害となります。
ただし、特許庁に意匠出願し、意匠登録を受けないと、意匠権は認められません。
意匠権は著作権のように何もしなくても自動的に発生する権利ではありません。
フィギュアは、意匠権で保護される場合と、著作権で保護される場合とありますので要注意です。
詳しくはこちらをご参照下さい。
http://www.design.2-d.jp/copy_design_right.html

また商標権もありますから、漫画では実在商品を参照して絵を描いても製品名やマークは違うものを
考えて描くようにします。ただし車については、そっくりそのまま描いて問題になった話を聞いた
ことがありません。ここはベンツでない絶対ダメ、という場面があるもので、描けないと困ります。
これは黙認されているということだと思います。
商標権についてはこちらをご参照下さい。
http://www.jazy-ip.com/guide/whats-trademark.html

今回はパブリックドメインの素材を使ってダイニングキッチンの写真をLT変換し加筆修正しました。
特殊な鑑賞用の家具ではなく、また製品名の出ている部分はなく、描いても差し支えない範囲です。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
漫画で実在する商品の資料を参照して描くことは一般的です。劇画はリアルな背景が求められます。
椅子もテーブルも家屋も自分でデザインしろと言われても、ファンタジーでなければ無理な要求です。
資料となる商品の意匠権、商標権に注意すれば、鑑賞用の絵はほぼ自由に描けると考えて大丈夫です。
posted by 183 at 13:13| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

チラシから背景作成

新聞の折り込みチラシは、お金のない新人には、無料で手に入るいい資料です。
特にスーパーや各種量販店、住宅、車等のチラシは、写りのいいものを選んで整理し保存しておくと
いつでも背景カタログとして使用できます。そのままでなく参照して漫画に合わせて変えて使います。
大量生産品には著作権問題が生じません。無料のカタログの衣料を参照して描いても問題ありません。
ただし鑑賞の対象となりうる工業製品に応用美術の著作権が認められる場合もあります。
http://www.soei.com/blog/2015/05/29/%E5%BF%9C%E7%94%A8%E7%BE%8E%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%EF%BC%88tripp-trapp%E4%BA%8B%E4%BB%B6%EF%BC%89/
一点ものの陶器や数の少ないブランド品、個人があつらえた衣服は著作権問題があります。
ブランド品をそれらしく変えて描いて偽物に見えないように、高級らしい雰囲気が出るように作画で
工夫します。広告写真を資料として使うのは構いませんが、カタログ写真に著作権が認められる場合
もあります。コピーして貼りつけるのはやめた方がいいと思います。
http://www.sekidou.com/articles/catalog.shtml
なお、大量生産される工業製品は著作権の保護を受けなくても、デザインの意匠権はあり、同じデザイン
の商品を勝手に製造販売することはできません。
http://otaku108.seesaa.net/article/446417427.html

私は自分で撮影した様々な資料写真を分類整理してストックしており、日頃はそれを活用しています。
今回はフリー写真をLT変換して修正した背景を試作してみました。
漫画によく出てくる室内、キッチンです。
あくまで私の感覚で作った1例ですが、このくらいは素材からできるという目安です。
デジコミだからできるというわけではなく、アナログでも写真を見て描くのは普通です。
その資料が漫画の構図に合うわけではなく、何度も同じものを角度を変えて描くのが漫画です。
写真はあくまで参考資料です。
この試作はあくまで練習です。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
posted by 183 at 13:12| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

クリスタでトーンに着色

イケメンにざっくりと色をつけました。トーンの部分を色に変えるクリスタの機能を使いました。
同じことはPhotoshopでもできます。色を変えたいレイヤーの透明部分を保護して上からブラシで
着色します。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
やっていることは全て初の試みで、拙いのは自覚しています。
慣れれば手際よくきれいにできるようになる・・・という妄想を抱いて耐えています。
posted by 183 at 16:52| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする