2017年03月14日

3月14日

最初はホワイトデーのイケメンを描くつもりだったのですが、3月11日の投稿の後、いただいた
コメントから、14日(正確には13日から)は奇しくも大阪大空襲だったことを思い出し、3月14日
に焼けた道頓堀を、再興後の形で、若い男女と共に描きました。幸あれ。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
ペイントを加えたフォトバッシュですが、これはClip Studio Paintで制作しました。
全て手描きした場合、アイデアがあっても手が日付に追いつきません。
どんな状態でも制作できる道具と技術は、大きな助けになります。
願わくは巧手たらんことを(遠い目)。
osaka72.jpg
posted by 183 at 12:51| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ご冥福をお祈り申し上げます

震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、過去同じ3月11日に非人道的な空襲
により犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。
忘却しないため、クリスタで練習を兼ねて写真から「東京都慰霊堂」を制作しました。
HP等にアップしました。クリックで拡大します。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
LOTUS72.jpg
posted by 183 at 15:00| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

フォトバッシュ

フォトバッシュとは、Photoshop等のソフトを使い、複数の写真や画像を組み合わせてペイントを加える
などして、新たな1つの画像を作成するデザイン技法です。
https://thinkit.co.jp/article/11030
今までもイラストの背景に簡単なフォトバッシュを使ってきました。
今回は3月11日のために、人物を入れずに風景と花を組み合わせてブラシ等を使って制作しました。
よろしければご覧下さい。
https://www.shinobumakimura.org/cgillustration/
posted by 183 at 15:08| デジコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

辛口レディコミ

本日発売の「家庭ミステリー」(ぶんか社)に『甘える女』が再録されています。
http://urx2.nu/C6Ks
家庭ミステリー 2017年 04月号 [雑誌] -
家庭ミステリー 2017年 04月号 [雑誌] -
私の漫画は少女漫画のラブコメに始まり、占い漫画、占いミステリーを通って、抒情的女性心理サスペンス、
辛口心理サスペンスと変遷しています。
最初のラブコメは基本で、誰でもそこから始まります。それ以降自分の得意な、好きなジャンル・雑誌へ
移り、作風も変えきました。
「甘える女」は後期の辛口レディコミ独特の心理サスペンスです。
女性ミステリー作家には、少女漫画のようなハッピーエンド、感動物語とは異なる、シリアスな大人の
心理サスペンスがたくさんあります。小説は洋の東西を問わず読まれています。ルース・レンデルの
「熱病の木」は大好きな短編集です。日本にも辛口のサスペンスはたくさんあり、よく読んでいます。
それらの影響がレディコミに出ています。
少女漫画しか知らない読者には、ハッピーエンドでないから嫌い、という拒否反応もありますが、中には
支持して下さる方もいて雑誌も続いてきました。
大人になると、王子様が救ってくれる、という甘い結末が通用しない、複雑な問題、悩みが多くなります。
様々なアプローチでもやもやに形を与え、視界を明るくしてスッキリさせる、という娯楽もあります。
込み入った問題も、その核心を理解することで、心は軽くなります。
ぜひ辛口サスペンスをお楽しみいただきたいと思います。

posted by 183 at 12:35| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

個人配信継続中(追記あり)

出版社を通しての配信が増えていますが、それ以前に始めた個人配信も続けています。
そもそも自分でやった方がいいと薦めたのは編集者です。
別に悪いことをしているわけではありません。出版社にも話を通してあります。
確かに個人配信の方がロイヤルティ(印税)は高いのですが、自分でファイルを作る労力がかかり、
営業も自分のHPだけ、なかなか知られず、数が出版社の配信のようには出ません。
しかし当時は好評でリクエストのあった作品を選んでいます。ファイルは印刷から作ったいわゆる
自炊ですので、画質はやや劣ります。ただし扉絵、付録のイラストはCGで描き下ろしたものです。
新作イラストに漫画がおまけでついている、と思えば税抜き100円は妥当な価格だと思います。
Boothの有料PDF版は印刷できる解像度です。イラストを印刷してお使いいただけます。
https://makimura.booth.pm/
Pubooは私が誤って一度商品ページを削除してしまったため記録が消えていますが、閲覧数は結構
ありました。無料漫画は週間ランキングで1位になったこともあります。
こちらはDLしなくてもブラウザで閲覧できます。DLゼロでも閲覧が多いのはそのためです。
出版社の配信をお読みになった方は、ぜひ個人配信の作品もお読み下さい。
個人的にも愛着のある作品を選んでいます。各作品のページに解説があります。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://p.booklog.jp/users/otaku108

追記
旧作が売れなければ続きません。描き下ろしの原稿料は経費を差し引くと生活が成り立つかどうか
という金額です。ギリギリのバイトと変わりません。再録原稿料や印税、細かい副収入も入れて
やっと回ります。ごく一部のヒット作を除けば、漫画の宣伝は自分がやる以外ありません。
配信サイトでもお金を払えば宣伝してくれますが、相応の売り上げがなければそれもできません。
他の仕事の方が生活は楽だと思います。
まあ同じブログで繰り返し宣伝しても何ですが、何度でも自己宣伝させていただきます。
posted by 183 at 14:48| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする